夕方にケーキをたべて

授業が終わり、パッサージュにある喫茶店にはいった。

なんとなくそのお店をカフェというにはしっくりこない(カフェといえばビールとエスプレッソ、サンドイッチだ)ので、喫茶店とかいておく。ここはケーキや洋菓子に紅茶をいただけるお店である。

そこの前をよくとおっていて、そのたびにショーケースにおかれたケーキをついついながめていた。エクレア、タルトタタン、フォンダン・ショコラ、マカロン、そしてケースの上にはクロワッサンも。それらが、きれいに磨かれたガラスの奥にきれいに並べらているので、すいよせられるようにしてじっとみていた(ときどき知らないひとも横にきて一緒にながめた)。

その日はパリに住んでいる友人と夜に食事だったので、その前になにかかるく食べておこうということになり、そこの喫茶店にはいることに(はいる前にショーケースをながめて)。

ムッシュに案内されて、席につく。布張りのメニューが手渡され、その中にかいてある、たくさんのデザートとたくさんの紅茶を最初から最後までじっとみていった。僕たちはそれぞれの候補のケーキについて、しばらく話し合い、それにあわせた紅茶の種類についても、しばらく話し合った。

これに決まったかな。というタイミングで、ムッシュが注文をとりにきたので、それぞれ決めたケーキと紅茶を注文する。

瑠衣さんの選んだケーキはまだショーケースにあって、僕が選んだケーキはもうショーケースにはなかった。

僕の選んだケーキは売り切れていたのだ。

なので、それに近い感じのショーケースにあるケーキをたずねると、すぐに数種類をおしえてくれたので、そこから一つ選んだ。そして合いそうな紅茶もたのんだ。

運ばれてきたケーキは、やはりとてもおいしかった。

いままでフランスで食べたケーキは、とてもじゃないけど甘すぎて2口ほど食べると、僕たちの身体の砂糖メーターさんの針があっというまに壊れてだめになっていった。しまいにそのあとのコーヒーにマカロンがついてきて、それはいつも手つかずだった。そのこともあって、デザートはほとんど食べてなかった。

それとくらべると、ここの喫茶店のケーキはほどよい甘さで、フルーツの果実味がさわやかでおいしい。そしてそれが紅茶の香りとよくあう。それぞれのポットで用意され、たくさんのむことができるので、話をしながらゆっくりとお茶の時間をたのしんだ。

ケーキを食べるあの時間はなんてしあわせなんだろう。


♤隣のおじいさんが傘をおいていきそうになりました

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

48

山室毅聡

Journal de Paris

コメント2件

久しぶりに見てきました~。https://note.mu/hoshiwataru/n/n82a3e775f024?scrollpos=commentの方がオススメで山室さんの事書いてましたよ~。海外のケーキって甘いですよね・・・。「しまいにそのあとのコーヒーにマカロンがついてきて」これはびっくり!!すごいサービス。私もモルジブで素敵なケーキなのに甘くて食べれない思い出があります。タイのデパートみたいな所で食べたのはほぼ日本と同じで安心した事あります。でもよかったですね~美味しい~ケーキにありつけて。紅茶の種類もたくさんあるんでしょうね。
嬉しいです。教えてくれてありがとうございます〜
甘さの感覚はあきらかな差がありますよね。毎日オレンジジュースで満足しておきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。