分散型取引所(DEX)とは?中央集権取引所との違いについて解説

仮想通貨の取引所には、中央集権型取引所と分散型取引所(DEX)の
2種類が存在します。

それぞれの特徴と違いについて解説します。

【 中央集権型取引所とは? 】

まず中央集権型取引所について説明します。

日本ではcoincheckやbitFlyer、海外ではpoloniexやbittrexのような
中央管理者に仮想通貨を預けて取引を行う取引所が中央集権型取引所です。

大多数の方々はこの中央集権型取引所を利用しています。

その結果、大規模な取引所では取引量が多く、
板も厚いため、より柔軟に取引を行うことが出来ます。

しかし中央集権型取引所では、秘密鍵の管理を取引所に委任している形になっているため、取引所の内部の人間が顧客の資金を不正に引き出すことが出来てしまう上、秘密鍵を持っている中央管理者へのハッキングリスクもあります。

取引所のウォレットに仮想通貨を預けておくとはつまり、
取引所という名の一企業を完全に信頼し、
自らの資産の管理を委任して預けている状態といえます。


取引所が倒産、もしくは上画像のようにハッキングされることで
自らの資産を自分以外のせいで喪失してしまう恐れがあります。

マウントゴックス事件など


【 分散型取引所(DEX)とは? 】

分散型取引所とは、
中央管理者がいなくても仮想通貨の取引が可能な取引所の事です。

中央管理者が存在していないということは、
自ら秘密鍵を管理しながら取引を行うことが出来ますので、
上記した中央集権型取引所に存在するデメリットを解消することが出来ます。

昨今では国の規制により取引所の閉鎖等のニュースが起きていますが、
国が規制することで分散型取引所が閉鎖するような事態は考えにくいため、
そういった要因もメリットの一つと言えます。



ブロックチェーン上に存在しているためハッキングされる可能性は薄く、
システムダウンや倒産の恐れもありません。

通貨を取引所に保有していても、ブロックチェーン上に保存している状態であるために、セキュリティは中央集権型取引所よりも堅固であると言えます。

しかしながら、現状の分散型取引所は新興取引所であるために、売り注文や買い注文をする度に手数料がかかり、出来高が少ないために板も薄いというデメリットがあります。

また、分散型取引所のプラットフォーム上の通貨が基軸通貨となることが主流なため、多くの中央集権型取引所のようなビットコインや法定通貨を基軸通貨とした取引ペアではないことが殆どです。

ただし、今後注目を集めていく事で出来高が増加し、
取引対象通貨も増えていく可能性は高いです。

また、注文ごとにかかる手数料についても改善したICO通貨が増えてきているため、将来的にはデメリットではなくなる可能性もあります。



【 主要な分散型取引所一覧 】

◆EtherDelta

EtherDelta公式サイト

イーサリアムとは?

イーサリアムプラットフォームを採用している分散型取引所(DEX)です。
イーサリアムブロックチェーン上のトークン(ERC20トークン)は
全てここで取引可能です。
基軸通貨はETHです。
ETH以外のトークン対トークンでも取引可能です。


◆Openledger

Openledger公式サイト


BTS(BitShares)プラットフォームを採用しています。
そのためBTSブロックチェーン上の通貨を売買することが出来て、
なおかつUSDやJPYに価格をペッグ(レートを一定に保つこと、
つまりは同じ価値になる)したBitUSDやBitJPY、
ETHとBTCにペッグしたOpenETHやOpenBTC等といった
Smartcoinを売買出来るDEXです。


◆Waves Lite Client

・Waves Lite Client公式サイト

Waves platformのDEXです。Wavesの場合、ウォレット内にDEX機能が
実装されている、といった仕様になっています。
JPYやUSDといった法定通貨も取引可能ですが、
Wavesでは誰でもトークンが発行出来るため、
名称が同じであるだけの偽装通貨に注意が必要です。


【 分散型取引所プラットフォームの注目ICO 】

◆0x Project

0x Project公式サイト

ICO終了後、数日でPoloniex上場が発表された事で価格を大きく高騰させた
DEXのプロジェクト通貨です。
オフチェーンで処理しているために取引スピードが早く、
現在数多く存在しているイーサリアムトークン(ERC20)を
手数料なしで交換することが出来ます。


◆Kyber Network

Kyber Network公式サイト

ICOで5千万ドルもの資金調達に成功したDEXのプロジェクト通貨です。
イーサリアムのスマートコントラクト機能を利用することで、
より利便性の高いDEXの設立を目指しています。
また、決済API機能を使うことで様々な通貨でICOに
参加することが出来るようになります。


【 最後に 】

中央集権型取引所のハッキングリスクを考えると、
分散型取引所(DEX)はこれから更に注目を集めるのではないでしょうか。

取引量が少ない問題、通貨ペアの問題など、新興取引所であるために
デメリットもありますが、人が増えて開発が進む毎に
改善傾向に向かうと思われます。


今後通貨毎のまとめも書いていきますので
お楽しみにしていてくださいね♪


ではでは。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

◆高城康正Twitter◆ https://twitter.com/yasu52kowa ◆高城康正LINE@◆ http://bit.ly/2nT6x2t ◆高城康正Facebook◆ https://www.facebook.com/ex.twf.yasu

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。