SNSの媒体促進!



高城です!


最近SNSの使い方の用途分けを考えて
使っていました。

そもそもSNSでの発信って何が正解なの?
どうやったら人気媒体にするの…?

そんな悩みを解決する為の
あらゆるノウハウが私の元には届きます。

そう。
ノウハウというやり方自体は
持っていますし、
モデリングすれば良いという方も
もちろんリストアップしています。


ただ、一度頑張って
媒体を育てようとした方は、思ったはずです。

「言われた通りにやってるのにな〜」

なんてね。笑

私も今まさに媒体を育てようと
毎日何かしらテーマを決めて発信しています。


もうここまで来たら積み重ねです。
毎日工夫をして発信し続けるべしです。

ただ、数年前よりも速度を上げで媒体を
強化する方法があります。


まず1つは、
インフルエンサー(著名人など)と
コラボすることです。

Facebookであれば、
タイムラインへの投稿で
タグ付けをさせてもらう

Twitterであればリツイートしてもらう
もしくは、自分のアカウントを
ツイートに入れてもらう

InstagramでもTwitterのように
投稿に混ぜてもらう事


この方法につきます。

が、

SNSも進化しているので
今コラボで成長するなら

“Live動画でのコラボ” がいい方法です。

今あげた上記3種の媒体は、
それぞれ機能が優れており

動画でリアルなあなたを
伝える事が出来ます。

典型的な例は、

#YouTuber のコラボ企画で

チャンネル登録数を増やし合う事です。

最近だと、
ラファエルさんやヒカルさんなどが
個人的には目立って気になるところです。

⚠️これはまだその片鱗程です。


Instagramであれば
ストーリー投稿内に
他のユーザーアカウントを
付ける事が出来ます。

特に実体験として、
インフルエンサーの威力を感じたのは、

Twitterでした。

これは、
#堀江貴文 さんの本の感想を
本人のアカウントをつけて投稿したのですが、

なんと
堀江さんのアカウントからの
リツイートをしていただきました!

その結果がこれです。

一気にインプレッション数が
跳ね上がりました!

コラボとまではいきませんが、
影響力のある方とかするレベルの
接触をするだけでこれだけの威力を
発揮するのがSNSの凄いところなのです。

今回は、
たまたまだったかもしれませんが
僕のSNSのそれぞれの投稿目的は
違いますが、

こういう1つの結果に繋がる事があると
もっと続けていこうという
自己促進に繋がるので今発信されてるかたは

休まず継続して行くことをお勧めいたします。


それでは。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

◆高城康正Twitter◆ https://twitter.com/yasu52kowa ◆高城康正LINE@◆ http://bit.ly/2nT6x2t ◆高城康正Facebook◆ https://www.facebook.com/ex.twf.yasu

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。