ビットコインの大幅下落でビットコイン富豪者達がさらにビットコインを買いまし!


こんにちは!
高城です!


◆記事のポイント◆

1.ビットコインクジラとは?

2.ビットコインクジラが価格変動を利用し、財産をさらに蓄積

3.最も裕福なビットコインアドレスは2016年以来、
  急激なビットコイン数を獲得

4.ビットコインクジラ達の考え方

5.財産分布を表すためにも最も裕福なアドレスからデータを
  集めても必ず失敗する

6.上位1%に入るには15ビットコイン以上の保持をすること

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.ビットコインクジラとは?


価格変動のたびにビットコイン数を増やしている、
上位100の富豪ビットコイン所持者の事です。

昨年、ビットコインは驚異的な上昇を経て12月中旬、
1BTC19600ドル(約210万円)という最高記録に達しました。

しかし過去数週間、価格は下落し(2月5日には1BTC5900ドル、約63万円)
短期間で65%近くの価値を失いました。

下落は多くの仮想通貨取引者に打撃を与えましたが、
裕福なビットコイン所持者はこの価格変動を最大限に
利用することで儲けました。

2.ビットコインクジラが価格変動を利用し、財産をさらに蓄積


仮想通貨熱狂者はデジタル通貨の価格が度々変動することを理解しており、
取引者はここ数年それを利用してきました。

本質的に当たり前のことですが、
取引者が最高価格を予想してビットコインを売り、
最低価格になったときにまた買い戻すことができれば利益を得られます。

上位100の富豪ビットコイン所持者(ビットコインクジラ)は
何度もその価格変動を利用してきました。

ビットコインクジラと呼ばれるその個人やグループは
巨額の仮想通貨を保持しており、
その資産を利用して「市場を動かす」こともできます。

Bitinfocharts.comが集めたデータによると、
最近の65%下落により損をした上位100ビットコイン所持者はいません。
実際、彼らのビットコイン量は急増していったそうです。


3.最も裕福なビットコイン富豪は2016年以来、
  急激なビットコイン数を獲得


例えば、一番のビットコイン所持者は一つのアドレスに
167000(約1500億円)ビットコインを所持しているそうです。

そのウォレットは2年前、約840ドル(約9.1万円)相当のビットコインを
預けたことから始まり、現在14億ドル(約1500億円)相当の
ビットコインがそのウォレットに保管されています。

そのビットコインクジラは価格急上昇およびそれに続く下落のたびに
ビットコインを増やしてきました。

2017年には30%以上の価格下落を伴う6つの大調整があり、
そのたびに資金を増やしているようです。


4.ビットコインクジラ達の考え方


最も裕福なビットコインアドレス(何年も活動していないウォレットを除く)の多くは同じパターンに従っています。

彼らは好期に高値と安値を予想することでビットコインを増やしてきました。

上位100アドレスを見てみると(→こちらから確認できます)
その多くが2017年11月と12月の間に同時に数千ものビットコインを
売り払ったことがわかりました。

ビットコイン熱狂者は多くの「クジラの動き」を目撃し、
価格急上昇およびそれに続く下落のたびにフォーラム投稿や
ツイッター対話においてその「クジラたち」が話題になっていました。

例えば2017年11月12日、仮想通貨の価格が新たな最高記録達していたとき、ブロックチェーンを見物し通貨の動きを見ていた人々は
Bitfinexに25000ビットコインが送られていることに気づきました。

裕福なビットコイン所持者については長い間、論争が絶えませんでした。

主流メディアは1000のアドレスが市場の40%以上を所持していると
推測しています。

一部はクジラがお互いに連絡を取り合っていてビットコイン市場を
動かしていると考えています。


5.財産分布を表すためにも最も裕福なアドレスから
データを集めても必ず失敗する


とある発表によると「1000人がビットコイン市場の40%を所持している」
と言われていますが、
所持者、ウォレット、そしてアドレスの比率は
「必ずしも1:1:1の比率ではない」とのことです。

一人の人間がただ一つだけのウォレット及び
ビットコインアドレスを所持している訳では無いという事です。

考えられる内容として、一人の人間が複数のビットコインウォレットを
所持している可能性があるんです。

そして一つのウォレットは複数のビットコインアドレスを利用できます

(実際ウォレットを匿名性の理由から利用する場合、
新たなアドレスの生成が推奨されています)。

つまり、その比率は 1:複数:複数 かもしれません。

そして、驚くべきことにビットコイン所持者の1%しか
15BTC以上を所持していません。


6.上位1%に入るには15ビットコイン以上保持すること

現在ビットコイン所持者は、
2500万人以上いて、0.153ビットコインあれば上位30%に入れます。

そして、上位1%に入るには15ビットコイン以上を保持する事が
大事だという事が分かります。

クジラが価格を変動させるために協力しているかどうかはわかりません。

しかし、数年にわたる複数の市場変動により(特に最近の65%下落)、
そのクジラの多くがビットコイン財産分布において一層大きくなったことは
確かです。

そして、やはりセオリー通りの下がった時に購入するという
考え方が大事だとも感じました。

では、本日の内容はこの辺で。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

◆高城康正Twitter◆ https://twitter.com/yasu52kowa ◆高城康正LINE@◆ http://bit.ly/2nT6x2t ◆高城康正Facebook◆ https://www.facebook.com/ex.twf.yasu

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。