マヨネーズ50g

 マヨネーズってさ、好きな人はすごく好きなんだろうけど、私の場合は大好きというわけでもないし、かといって嫌いというわけでもなく、特別に必要ということもないんだけれど、大量に使うことはまずないの。サラダに付いていたドレッシングが足りない時とか、酒のつまみで魚肉ソーセージやらスルメ烏賊で小皿の隅にちょっとだけマヨネーズが欲しいと思う時があるくらいで。


 私の場合、マヨネーズをたくさん取ると、唇の裏側に口内炎ができるの。なぜかわからないんだけど体質みたい。べつにアレルギーではないから深刻ではないんだけど。


 スーパーで売っているマヨネーズは家族向けの450gから200gがほとんどで、それより小さいサイズがないのよ。お弁当に入れる小袋スティックでも20袋入りだと、量や値段が家庭用のモノと変わらない。メーカーのホームページを覗いたら、50gの小さいサイズがあったんだけど、近所のスーパーには置いてなかった。普段行かないすこし遠くのお店でも売ってなかった。ドラッグストアの食品コーナーにもない。帰りがけに立ち寄った商店街のコンビニにもなかった。


 そうだ、ネットショップがあるじゃん私って頭イイ、と思って検索してみたら、ネットのお店でも、ものの見事に売り切れやら、そもそも扱っていないやら、50g30本とか余計な大量セット販売だったりするの。


 これも『マイノリティ殺し』っていうやつ?


 なんだかねぇ~、多様性を押しつけるつもりとかないんだけど~、もっと大きさの違う品物を揃えてくれても良いんじゃないかと思うワケよ。50gのマヨネーズぐらいあってもいいじゃない? みんながみんな所帯持ちというわけでもないし、ラッパ飲みするマヨラーでもないんだし。


 家庭用サイズの容量を買ったとしても、さっきも言ったけどあまり使わないから、捨てるのももったいないじゃない?


 んで、いつも朝食を買っている近所のコンビニに行った時、なにげなく調味料の棚を通りがかったら、腰の高さにある130gのマヨネーズが視界に入って、ここも家庭用かよ思いつつ、視線を上げたら、棚の一番上の目線の高さに、しお、コショウやラー油や七味の小瓶と、辛子やわさびやタバスコの小さい箱が並んでいて、見慣れないパッケージに目が止まったの。


 驚愕よ! 私はずっと見逃していたの!! ほぼ毎日、一日に数回出入りしてたコンビニの、天井から明かりを燦々と浴びている一番上の棚に、欲しくて探していた商品がすごく自然に置いてあったのよ!!


 嬉しいことは嬉しいんだけど、同時に自分のいいかげんさに呆れたわ。なんでもっと隅々まで見なかったのかしら、って。


 でも、そんなことがあってから、いつも通っているコンビニが異世界空間に見えはじめたわ。よーーく眺めるようになった。まったく興味の無かった新聞やら冷凍食品やら漫画やら栄養ドリンクやら無料パンフレットの棚も、隅から隅まで。いままで気にも留めなかった商品がたくさんあった。冷やしていないペットボトルの水にはちょっと感動したくらい。


 それで、私、気づいたの。
 見逃していたんじゃなく見ようとしなかったのよ。いつの間にか興味の無いモノを視界から切り離していたことに。


 日常でも世界って広がってゆくのね。


この続きをみるには

この続き:0文字

マヨネーズ50g

Cubeべぇ。

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

新しいデスクトップパソコンが欲しい。

ステーキ!すき焼き!焼き好き!!スキ、スーキ!!!
5

Cubeべぇ。

ショート小説

短い小説
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。