【初】NewsPicks 佐々木編集長×落合陽一

再びNewsPicksの就活イベントに参加してきました!

今日は、NewsPicks主催の就活イベントに行き、初の生落合陽一さんを拝見してきました。うるうる

以前の堀江さんの講演会と合わせ、2回目の参加になりました。ありがたや

冒頭から「俺、就活したことないからなあ」は、堀江さんも落合さんも一緒で笑いました。

堀江さんの記事はこちら
https://note.mu/tktktk112244/n/nac3e5449dac9

17時半開場で、18時半より講演会が始まりました。

学校があったので、授業後に自転車を飛ばして家に帰り(約10キロ!)、そっから会場へ。10分前に到着し、入ってみると席が結構埋まっていて後悔。なんでもっと力一杯ペダルを漕がなかったんだ、俺!


NewsPicks 佐々木編集長×落合陽一

公演スタート。顔わかんないっすね。残念。

最初に落合さんの自己紹介から始まりました。正直、どんな研究をしているのか知らなかったので、とても興味深かったです。

研究の一つとして、3次元のものを2次元にぶつけて、そこで生まれた波を再び3次元に戻す研究

詳しくはわかりませんが、簡単に言うと、石を池に投げて、当たったとこにできた波から石の形を復元することらしいです。

とにかく落合さんは、波動が大好きみたいです。

私も振動の研究をしているので、ほんの少しだけ共感できました。

話の印象としては、意外にわかりやすい

番組(sensors)とかで拝見するときは早口で難しい用語をバンバン使っているので、そんな感じかなって思ってたら、具体的な話を盛り込んでくれて、とても聞きやすかったです。(学生相手だからかなあ)

就職のアドバイス

1、飽きないことをやり続ける

働き始めるとゆっくり考える時間がほとんどない。だから学生時代に、社会やいろんなことについて考えて、疑問を持つこと。その疑問を解決するために、走り続けることが大切。

2、みんなが言う「大丈夫」が一番危険

みんなが大丈夫というと安心するが、とても危険である。それは平均化された意見であり、めまぐるしく変化する現代社会において適応することが困難である。

3、撤退路線の企業か成長が早い企業で勝負

若手の登用が期待できる。時頭が良くて適応力がある人は、銀行などに行くのも十分にあり。


後のは、記録用に有料にしました。フォトギャラリーと自分に響いた言葉を載せています。

考え方をアップデートすること

いままでの教育をゼロリセットする、いままでの人口増加により成長戦力を使って、成長してきたが、現在は減少傾向にある。つまり撤退戦である。

いままでの戦略は通用しない。アップデートが必要である。

なあなあは失敗の元、とがれ

落合さんの経験上、他の人の考えを融合して作ったものは、ダメのもばかり。平均化されつまらないものに。自分の考えを貫き、尖ったものがいい。

やってみることが一番

スピルバーグ監督は、助監督をせずにいきなり監督になった。下積みがない。つまり、実際になってみる方が得られるものが多く、成長できる。だから、段階を気にせずに、やってみるのが一番だ。

鑑賞教育

アートを鑑賞することはとても大切。

現象を言語化して、意味を把握する。その繰り返しにより、自分なりの感覚が身についていく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貧乏学生ですので、ありがたく使わせていただきます。

あ!あああありがとございます
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。