診断書

生命保険会社からの書式を、病院の受付に提出した。

医師の診断書をもらうには、2週間ほどかかる。何度かの入退院は繰り返すことになるが、当座の入院費用の支払いに、まず今日までの期間の区切りを申告する予定だ。

白血病の治療には、ガンの中でほぼ最高額に近い費用がかかる。
確率論で貯蓄が吹っ飛ぶ体験は、ほんとに初めてだった。高額医療がどのように支えられているのか、初めて体験した。
できるから漠然とやってた献血が、患者側にはこんなにありがたいものか、という側面に、初めて触れた。

6ヶ月。

5年間生存へ向けての目標からすると、十分の一を、パパさんは生き延びた。
パパさんの罹患したタイプの白血病だと、そもそも骨髄移植にたどり着かないうちに命を落とすケースがある。
6ヶ月、初回寛解と地固め療法を乗り切ってくれて、本当によかった。

あと十分の九を支えるのは、こちらもちょっと重労働だ。

夏休みがもうすぐ始まる。
子どもさんたちを、市民プールに連れて行かなきゃな。
僕は、仕事をほんとに、どうしようか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたが読んでくださること。あなたが「スキ」やコメントで、僕を力づけてくださること。サポートを届けて、僕らを生かしてくださること!! 本当に感謝します。

ありがとう!いい1日になりますように^^
13

高橋照美

いつも読んで応援してくださって、本当にありがとうございます。 ただいま親族の看護中。あなたからの「スキ」に力を頂いて、あと4年。。。しんどさをぶちやぶって、少しでも誰かの心をはずませる読み物を書いていきます。

お父さんが白血病になりました。〜ある家族看護の記録

13歳と10歳の子どもたちを残して、お父さんが急性骨髄性白血病で入院しました。親族の僕が、家族看護に入っての記録集。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。