大企業がキュレーションメディアの記事を削除した本当の意味

意外と話を理解してない人がいたから、幾つかの書き込みについて解説する。

いや、そうじゃないでしょ?
「そんな社会正義が通った」とか「業界が綺麗になる」とか…そういうことじゃないからね?

(※画像はTBSの報道番組より)

であり、

(※データはヤフーファイナンスより)

同じようなことに、リクルートも、ヤフーもなりたくなかっただけでしょ?

日本を支配していると言われてる電通マンもリクルートも所詮お金と投資家の奴隷。
どんないい会社に入っても、「社畜」と呼ばれるのは、会社の方針なら悪いこともしないといけないし、会社の方針で株主様のご機嫌伺いのためなら、今までやった仕事でも無慈悲に捨てないといけないくっそ弱い立場だからそうなっただけ。

そこに、意思なんか無いですよ。
打算・オブ・ザ・打算。
もしくは社畜の分際で、「我々はエリート社畜で偉いんだ」とか人様に会社という名の繋がれた鎖自慢してまわるクソみたいな態度でふんぞり返ったことへの報い

引用を引用とわからない形にして自分のコンテンツにしてしまう盗作行為であり、
大企業の名前をちらつかせてデマがある可能性を判断させないようにしたことであり、
SEOの手法を悪用したことによるグーグル及びグーグルを利用している不特定多数のユーザーに迷惑な行為であったり…


そういうことが問題なんですよ。

それも、泣き寝入りするしかない個人ブロガーから文章・画像を多数盗用したことが問題なわけ。確信犯的に。



これも、ちょっと違う。

プラットフォームが本当にプラットフォームに徹していたらこうはならなかったですよ!!2ちゃんねるでもnoteでもヤフー知恵袋でも何でもいいけど…本当に不特定多数のユーザーが記事を書いているならこんな大問題にならなかったんですよ!!

ところが、DeNAは8〜9割の記事をライターにマニュアルを渡して書かせていた!!ジャンルとしては「YouTubeが著作権違反の動画を削除できない。通報できるようにしてください」みたいなインフラの問題ではなく、むしろ「宣伝を宣伝だとわからない形で、有志が書いたことにしてるけど実態は編集者が指示して書いた記事をライターに濡れ衣を着せる形で書かせている」というステマとか、食品偽装とかそっちの問題に近いことをしてたから問題なわけです。

プラットフォームが問題なんじゃなくて、運用方針がそもそも偽造であることが問題なんです。

これもちょっと違う。

日本でITだ、ベンチャーだと言っている意識高い系は単なる「欧米かぶれのビジネス輸入屋」であって、何一つクリエイティブでもなければ、自分の国に取り入れる際にその都度外国の情勢を見て採算軌道修正する勤勉さ・学習能力の高さもなかった…というお粗末な人達だとはっきりしたってこと。

リクルートやヤフー、サイバーエージェントみたいな、エリート様まで含めてそのレベルしかないお山の大将だったってことなんですよ〜

しかも、そんな人達が人様に学歴とか美貌とかを求めて人材を上から目線で採用してみたり、自分たちこそ進んでいると言いふらして回ったり、大したこともできないくせに競争や進歩を煽ってまわってるんだから…それはもう、恐ろしくちゃんちゃらおかしいのがこの国だったわけ。

同業者の株価が下がるか、パワハラまがいの上司に怒られるかしたら、裏声でワンワン泣く社畜でしかない人たちが何を偉そうに…。

…クソ虫め!!

個人サイトだったら、それこそWelqみたいに1日100記事とか、そんなレベルの量をアップロードすることは不可能です。

マンパワーの観点でも、他人にやらせるだけの資金力の面でも無理です。


だから、大量生産や大量の宣伝を駆使してSEO的な優位をつかむ方法は個人には不可能です。唯一それができるのは、NAVERまとめのSEOの強さを借りて、NAVERまとめとして上位を取り、NAVERからお金をもらう手法ぐらいです。

だから、個人ブログが1から自分でサイトを作って同じビジネスモデルをやることはほとんど無理だし、無理だからこそ質を上げることにしか活路はないんです。


だから、個人ブロガー・アフィリエイターまで疑われるのは心外ですよ…。

盗んで記事を作ってもドメインが弱すぎて検索上位に行けないし、ライターを買い叩くにしてもそれだけの資金力もない。

ブロガー・アフィリエイターにもダメな奴はいるけど、そのダメさは全く別なダメさであってこういうダメさだと思われるのは控えめに言って、間違ってる。

ほんとだよ、ダメなライターがNAVERに移るだけになったり、むしろ、NAVER1強になってしまうことで、NAVERだけがこの事件で得をする事態は最悪だから、NAVERでもダメな記事、どうしようないパクリ・転用については対処していただきたいものだよ!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

三沢文也

ツイッター以上ブログ未満のnote

無料記事用だけを投げ込む場所。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。