【DAY.8】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予かせ約なし、フィーリングファースト。

6:00、山口県 下関のゲストハウス、「uzuhouse」にて起床。

やや酒が残っている気もしたが、美しい朝日を見てすっかり抜けた。

とはいえ、眠い目をこすりながらだが、一路早朝の唐戸市場へ。

業者さん向けのセリの時間は終わり、一段落な感じ。

マグロも美味そう。

でも、やはりカニが気になる。
ズワイ、ベニズワイがメインの新潟と違い、ワタリガニがメイン。

でかい生簀もある。

10時まで待つと、週末限定のイベント、活きいき馬関街という、寿司バトルに参加できたようだが、さすがにそこまで待つほど悠長な性格ではない。
市場2階の、市場食堂 よしで、贅沢な朝食を。

朝なのに活気があって、満席に近い。
途中、携帯を忘れたかもというお兄さんが来たら、みんなで携帯を鳴らしてあげるという優しい世界。

宿に戻り、パッキング。
今日は福岡までだから、そんなに長い距離を走るわけではない。
気楽にいこう。

で、県をまたぐ時は基本県境の写真を撮っているのだが、山口→福岡はトンネル内に県境があり、途中で停まって撮影するのは危ないので、まずは人用のトンネルを歩いて進む。
県境はこちら。

一歩だけ越境。時刻は9:00。

距離が分かりやすいので、地元の方のランニングコースになってるようで、ランナーがたくさんいた。

そして、バイク用のトンネルを通り、いよいよ九州上陸!
まずは門司港を見物。

レトロというだけあって、歴史を感じる建物が多い。
新旧の対比もよかった。

しかし、下関と門司はほんの少しの距離なのに、海を越えるとこんなに雰囲気が違うのか、と驚かされた。
言葉も全然違うし、交通量もだいぶ多くなった。

門司港滞在は20分ほどで、さらに1時間ほど南下、建築関連の知り合いにおすすめされた、リノベーションの聖地小倉に。

私は建築は全くの素人だが、印象深かったのは、街の人たちが自分たちで街をきれいにしているところ。

子どももデッキブラシを持って掃除をしている。

こういうのが本当に素晴らしい。
"欲しい暮らしは自分でつくる"という、リノベーションまちづくりのコンセプトが実践されているところを見た気がする。

その後は、桜が満開の小倉城へ。

実は、小倉は2回目で、初めて来たのは、西日本国際展示場で開催されたタカラボーイズホビーフェスティバルというイベントで、ロックマン エグゼ(たしか5)のブースを担当していた私は、当時新入社員だった。

仕事のことで頭がいっぱいで、まちの思い出はあまりなくて、こんな立派なお城や、ステキな商店街があることに全く気付かなかった。

この旅では、新しい出会いや発見もたくさんあるけど、それ以上に、過去の自分と再会する旅でもあるんだと改めて思う。

あと、八坂神社で旅の無事を祈願してきたけど、昔の人もきっとこうやってお参りしながら旅をしてたんだろうな。

過去の人たちとも出会う旅ということだな。

そして、旦過市場なるローカルな市場へ。

ここもすごくいい雰囲気。
なんつーか、生きてる。

売り子のおじさんが、わりとでかめのボリュームで演歌を歌ってるのもよい。

これもリノベ物件かな?
海外の方も写真撮ってた。

で、小腹も減ってきたので、とりあえずラーメンでも食おうかなということで、魚町商店街にある、麺屋まるいちさんへ。
一番近かったってだけだけど。

迷った時は基本に、ということで、特製まるいちラーメン 880円に。

濃厚なスープなんだけど、臭みは全然なくて、丁寧に出汁を取ってる感じ。
替え玉も一つして、満足。

食べたら12:00。
さて、次に向かおう。
続いては、日本3大カルストの一つ、平尾台へ。

小一時間ほど南に向けて走ったが、さすが福岡、市街地の広さが他県とは段違い。
本当にカルスト台地があるのかってくらいの道を行くと、平尾台左折の看板が。

そこからはワインディングロードが続く。
走り屋にはたまらないだろうな。
バイクもたくさんいた。

俺の写真が分かりにくいんだけど、こんな道。

鍾乳洞の入り口まで上がる。

秋吉台と似てるけど、面積は小さいみたい。
けど、これもなかなか風情がある。

ちなみに、カルスト台地は鍾乳洞とセットみたいだけど、鍾乳洞は金がかかるので、秋吉台もこちらもパス。

時間はまだ13:30、ここから一路福岡の知人宅へ。
全国の公務員をつなぐ会、よんなな会で知り合った方が、自宅に泊めてくれるそうで、めちゃくちゃありがたい。

で、糸島をおすすめされていたので、ちょっと行こうかとも思ったけど、市街地に入ると車が混みまくってて、時間的に断念。
ま、なんか、オシャレスポットっぽいし、アクセスもいいし、また来ることもあるだろう。

福岡はやはり時間がかかる。到着したのは17:30頃。

その後は、知人宅で宅飲みをキメるため、近くのスーパーへ。
またもや夕陽がいい。

旅の途中で宅飲みって、めっちゃ贅沢よね。
福岡はもう20回以上来てて、天神や大名はだいぶ堪能したし、この旅には華やかな街よりも、ディープな飲みが合ってる。

何の魚か書いてなかったけど、刺身セット。
普通に美味い。

色々手料理を作ってもらった。
私は食べて飲む係。
マジすみません。

また、色々とディープな話をさせてもらった。
こういう時間が取れるのって、本当に素晴らしい。

けど、疲れが出てしまい、22時すぎに限界を迎え、就寝...。
福岡という大都会で、すごく濃い夜を過ごせた。

ご縁に感謝。

#今日の走行距離 115km
#総走行距離 1,395km

#ヤメコム #バイク旅 #YB125SP #日本一周 #公務員 #有休消化 #旅とわたし #新潟 #富山 #高岡 #石川 #福井 #越前市 #武生 #京都 #舞鶴 #京丹後 #兵庫 #香美町 #余部 #島根 #松江 #ベタ踏み坂 #チェリーロード #出雲 #出雲大社 #波子海水浴場 #山口 #萩 #角島 #美祢 #秋吉台 #カルスト #湯田 #宇部 #下関 #門司港 #小倉 #リノベーション #平尾台 #福岡

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!
18

tmkztkhs

新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る(予定)ツアー

退職予定の地方公務員が、有休を使ってバイク(YB125SP)で全国を周る記録です。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。