見出し画像

【DAY.28】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

8:00、大阪府 岸和田の快活CLUBにて起床。

飲み過ぎてはいなかったが、目覚めは遅かった。

日記を更新し、シャワーを浴びようとするも、一向に空かないので、諦めて一路和歌山へ。

途中、危なくバイパスに乗りそうになって危なかった。

11:30、和歌山県入国。

坂を越えると、すぐに大きなイオンモールが。

実は、このイオンモールには思い出があり、前職で、2014年に開催したコロコロコミックのイベントの運営責任者として訪れたことがあるのだ。

この写真はお隣のりんくう泉南のイオンだが、和歌山はこれよりもっと集まった。

で、そのツアーで全国を回るうちに、それぞれの地方ごとに多種多様な豊かな文化があることが分かった。
特に、夜の飲み屋やスナックでは、楽しい出会いがたくさんあった。
まあ、当時は経費が使えたわけだが...

しかし、商店街や夜の街に若い人の姿はない。
彼らが集まるのは、イオンモールなのだ。

全国のモールを回っていても、当然同じテナントばかり。
このままでは、日本の地方文化は廃れる一方じゃないのか?と思い始めた。
イオンモールのせいじゃなく皆がそれを望んでいるというのが何とも寂しい。

それじゃああまりにおもしろくない。
イベントでイオンモールに人を集めるミッションはもう終わりにして、せめて、生まれた新潟に対してだけでも、何かできることはないか、と考えたのが、県庁職員となるきっかけの一つだった。

で、なぜ和歌山かと言うと、2014年のイベントで和歌山に泊まった夜、街の中心にあるぶらくり丁商店街と、繁華街である新内(あろち)を歩いたのだが、ぶらくり丁はシャッターしか見えず、新内は客と一人もすれ違わず、出会うのは客引きばかり。
日曜日の夜というタイミングも悪かったのだが...。

で、時は変わって2017年10月、私が新潟に戻って公務員になってからのことだ。

リノベーションスクールというイベントで、ゲストとして新潟に来ていた、和歌山市役所の榎本 和弘さんとお話をする機会があった。
和歌山市のリノベーションまちづくりの火付け役、スーパー公務員の1人だ。

和歌山に行った時の印象を話すと、今和歌山のまちは生まれ変わりつつある、とのこと。
が、以前の姿を見ていた私からすると、にわかには信じられなかった。

2014年から5年、和歌山のまちはどう変貌を遂げたのか。
私が4年間の役人生活でやれなかったことの反省も踏まえ、今日は和歌山のまちをゆっくり歩いてみようと思った。

さて、まずは腹ごしらえからだ。
和歌山県庁へ。

歴史を感じる建物。
愛媛県庁よりは少し新しいだろうか?

地下一階のきいちゃん食堂へ。

高くね!?
500円未満が一つもない!カツカレー850円!?

とりあえず、一番安いきいちゃんラーメンを頼む。

味はそう悪くないが、コスパが悪い...。

同じ食堂が作ってる弁当が隣で売られていまので、それを買って食堂で食うのが正解だな。

さて、続いて和歌山城へ。

さすが徳川御三家。
日本一の姫路城までは大きくなかったが、風格を感じた。

金のかからないところまでは登ってみる。

こちらは道路からの一枚。

ここはフォトスポットらしく、簡易的なベンチが設置してあった。
こういう仕掛け、いいなー。

さて、チェックインまでは少し時間があるが、先に場所だけチェックしておこうと思い、バイクで今日の宿へ。

すると、途中に銭湯が。

今朝はシャワーを浴びそびれたし、これはありがたい。

中へ入ると、花が飾られていた。

後で聞くと、前日の15:00にリニューアルオープン、今日から本格営業開始とのこと。
すごいタイミング。

中は、ギリギリまで元のレトロな感じを残しながらも、天井など細部に至るまできれいにリノベーションされている。

地元のおじいちゃんおばあちゃんがみんなでコミュニケーションが取れる場としては、行政の作るコミュニティセンターよりも、銭湯の方が風情があって良いように思った。

聞けば、行政の支援はほんの少しの補助金だけで、あとは自分たちだけでやったそうだ。
すごい。本当にすごいと思う。

で、そのすぐ先に宿があった。

Guesthouse Ricoは、その業界では有名らしく、何人もの知り合いにおすすめされたが、期待を裏切らない、とてもすてきなファサード。

中も細部に至るまでこだわりが。

ここは、5階建てのビルを丸ごとリノベーションし、1階はレセプションとロビー、2、3階は居住区、4、5階をゲストハウスにしているそうだ。

エレベーターで5階へ上がると、普通のアパートの共用部のようだが、木のサインがそれぞれの部屋に付いている。

ドミトリーは、壁を引っぺがした剥き出しのコンクリートが、スタイリッシュに見えるような工夫が凝らされている。

一番驚いたのが、水回りへのこだわりだ。
洗面所などは恐らく配管など含めて一から設計したのだろう。

シャワールームも、なるほど、こういう手があったかって感じ。
シャワーノズルもおしゃれ。

というわけで、素人ながら、これはおすすめする理由が分かるな、と思った。

で、ここからは、和歌山市役所の方に街をご案内いただいたのだが、内容が濃すぎて、改めて単体で記事を書きたいと思う。

ここでは、印象的なショットだけを何枚か上げるので、雰囲気だけ味わってもらえれば。

まずは、スマートボール場から。
日本に3箇所しかないそうだ。

おじさんたちの憩いの場になっているようだ。
続いていってほしいものだ。

続いて、中ぶらくり町のアーケード。

戦後の物資不足で、軒先に服などをぶら下げて売っていたことから、ぶらくりという名前がついたそうだ。

個人的にめっちゃ気に入ったジーンズショップ。

しかし、これ以上服はいらない。

そして、私好みのこのカオスな通りは、元寺町。

エスニックな感じのパンチが効いた店が並ぶこの一角、なんと空き物件ゼロとのこと。

若い人のお店と昔ながらのお店が共存している。
恐らく、ちゃんと世代を超えたコミュニケーションが取れているのだろう。

ここで、顔ハメパネル初体験。

さて、キリがなくなってしまうので、あとは別の記事に回すが、この元寺町の裏を流れる川と、そこにいたサギを。

ベネツィアみたい。
行ったことないけど。

サギは全く逃げる様子がなかった。
ふてぶてしい。

最後に、まち歩きでお会いしたおばちゃんの写真を一枚。

関西のおばちゃんは人懐っこい。
コミュニケーションを取りたくなる。

2時間ほどかけてたっぷりまち歩きしたので、写真もまだまだあるが、しばしお待ちを...。

和歌山市、すげーわ。
私が訪れた5年前とは全然違う。

どうも、5年前はちょうどリノベーションのプロジェクトが立ち上がった頃で、まだ表に出る形にはなっていなかったようど。

5年で街の印象がこれだけ変わるというのは、本当に驚かされた。

宿に戻ると、フランス人の家族が。
3週間かけて日本を回っていて、今日が日本最後の夜だそうだ。

英語でちょっとだけ話をしていたら、宿にボランティアでお手伝いに来ているお姉さんが、フランス語で完璧にコミュニケーションを取り、日本最後の夜にふさわしいおすすめの店を教えていた。

行政でもインバウンドとさかんに聞くようになったが、やはり場づくりと、そこに集う人、そして、何のためにやるのかを考えることが大事だと改めて思う。

そのあとは、キリンビールの倉庫をリノベーションして、もう9年もやっているというお洒落なパブでビールをいただく。

雰囲気バリバリ。

ここで、案内してくれた職員の方と色々話す。
特に、東と西の方言に対する違いについて話せたのがおもしろかった。

また後で詳しく書くが、全員とは言わないが、東日本の方言は"なまり"、つまりコンプレックス、西日本の方言は"アイデンティティ"ではないだろうか。

ちなみに、この店で飲んだ梅の焼酎がマジで美味かった。
荷物に余裕があれば買って帰りたいくらいだ。

写真では分からないが、ほのかに梅の香りがして、いくらでも飲めてしまう。

というわけで、かなり出来上がった状態で、いよいよ榎本さんとの再会。
だいたい、尊敬している方との再会は握手で始まる。

お店は、ラーメン屋なのだが、ご主人が趣味で釣った魚をさばいて出してくれるとのこと。

まずはカツオ。
高知で食えなかったのでありがたい。

このビジュアル、美味くないわけがない。

これはイカと、サワラかな?
もちろん美味い。

ふぐ刺しまで来た。
これも山口で食いそびれたやつだ。

思えば、ちゃんとふぐ刺しを食べるのは人生2回目くらいだが、絶品だった。

これ以外にも食べ切れないほどの料理が出てきた。
しかし、途中からは公務員同士の、地方同士のアツい話で、料理の味は覚えていないくらい盛り上がった。

そして、最後はシメの和歌山ラーメン。

なぜチャーシューをトッピングしたのか、この時の俺に会ったら小一時間問い詰めたい。
美味かったけど。

さらに、宿に戻って話は続く。

この旅ももう半分が終わりだが、その中でも間違いなく一番のインプットがあった日だった。
日記には全て書けないほどに。

榎本さん、案内いただいた成瀬さん、いっしょに飲んだ武田さん、竹谷さん(漢字合ってます?)、本当にありがとうございました!

#今日の走行距離 43km
#総走行距離 4,386km

#ヤメコム #バイク旅 #YB125SP #日本一周 #公務員 #有休消化 #旅とわたし #新潟 #富山 #石川 #福井 #京都 #兵庫 #鳥取 #島根 #山口 #福岡 #佐賀 #長崎 #島原 #熊本 #天草 #鹿児島 #宮崎 #大分 #やまなみハイウェイ #臼杵 #別府 #鉄輪温泉 #国東半島 #徳山 #錦帯橋 #広島 #呉 #尾道 #しまなみ海道 #因島 #見近島 #愛媛 #今治 #道後温泉 #お遍路 #四国カルスト #高知 #十和 #四万十川 #かっぱバックパッカーズ #四万十うなぎ #久礼大正町市場 #ひろめ市場 #はりまや橋 #桂浜 #室戸岬 #モーニング #徳島 #那賀町 #神山町 #神山バレーサテライトオフィスコンプレックス #WEEK神山 #吉野川市 #徳島ラーメン #香川 #うどん県 #讃岐うどん #骨付鳥 #小豆島 #岡山 #アールブリュット #兵庫 #姫路 #ガハハゲストハウス #どろ焼き #ひねポン #立ち飲み #国道2号線 #神戸 #バイクショップCHOPS #大阪 #岸和田 #たこ焼き #たまから #粉もん #水なす #どて焼き #和歌山 #和歌山城 #和歌山ラーメン #リノベーション #幸福湯 #GuesthouseRICO #スマートボール #元寺町

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!
9

tmkztkhs

旅日記

海外、国内問わず、旅行の思い出を綴っていきます
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。