見出し画像

内向的思考向上術 哲学としての精神分析

それでは、今回は心理機能の一つである内向的思考(Ti)の鍛え方を見ていきましょう。まず、思考機能が何であるか、きちんと思い出せますか?

それでは、ここでは以下のように、思考機能を定義します。

"客観的な分析と論理の適用に関わるもの。特に、合理、批判的理性、問い立て、また感傷に流されないことを特徴とする機能。"

では、これを踏まえて、改めて、今回の内向的思考(Ti)の向上術について見ていきましょう。以降、内向的思考を省略形であるTi(Introverted Thinking)とも表記します。長い単語を繰り返すと、長ったらしいですからね。


外向的思考向上術もできました。


この続きをみるには

この続き:1,347文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

外向的思考・内向的思考向上法です

または、記事単体で購入する

内向的思考向上術 哲学としての精神分析

Liv / 透明のウイルス

1,200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとう。よかったら透明のウイルスnoteのサポートもしてね :)

ありがとうございます
2

Liv / 透明のウイルス

ヨーロッパの学生。専攻は哲学(理論)。ENTJ。最も読まれた16タイプ論の解説がnoteになりました。現ウェブサイト"透明のエシコス" https://www.maisaengager.com/

思考機能向上術

外向的思考・内向的思考向上法です
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。