信和建設の不動産投資・土地活用について

土地や建物を所有することで、いろいろな悩みごとが生まれます。相続税や固定資産税の対策はどのようにすればよいのか。売却や買い替えを効率よく行うには。今より不動産経営の収益性をもっと高めたい。などなど。まだ土地を持っていなくても、資産運用のひとつとして不動産への組み換えを考えている投資家も多いと思います。

信和建設の事業内容


■信和建設のアフターフォロー

信和建設では、そのようなオーナー一人一人に対して、ベストな土地活用のアイディアを提供。その実現に向けて、土地の売買から設計、加工、そして経営や管理といったアフターフォローまで、すべてにわたってサポートしています。信和建設に相談すれば、あらゆる土地や建物の悩みごとが解消する。そのようなトータル不動産ソリューションを目標として、事業を行っています。その代表となる商品が、信和建設の手がける一連のルネスマンションです。

【信和建設】全国平均を上回る高い入居率

耐久性とアレンジ性を高める、いわゆるスケルトン・インフィル住宅。ルネス工法では、それにプラスして、高い天井と床下のスペースという住み心地の良い居住空間を生み出しています。入居者へのアピールはもちろん、オーナーにとっても長年に渡って資産価値をキープできるという、とても魅力的な物件となっています。

その入居率は、じつに95%以上。賃貸マンションの入居率が全国平均で81.1%なので、それをはるかに上回っていることが分かります。


壁や柱の骨格部分から内装部分を独立させることで、耐久性とアレンジ性を高める、いわゆるスケルトン・インフィル住宅。ルネス工法では、それにプラスして、高い天井と床下のスペースという住み心地の良い居住空間を生み出しています。入居者へのアピールはもちろん、オーナーにとっても長年に渡って資産価値をキープできるという、とても魅力的な物件となっています。

その入居率は、じつに95%以上。賃貸マンションの入居率が全国平均で81.1%なので、それをはるかに上回っていることが分かります。

このような高い入居率を生み出しているのは、商品のクオリティだけではありません。それを支える、信和建設のすぐれた広告戦略や管理力があってこそです。万全のサポートがあるからこそ、より安定した長期経営も可能となるわけです。


■【信和建設】ルネス工法による年間着工戸数で、何度も全国トップ

信和建設では、このルネス工法による年間着工戸数で、過去に何度も全国トップに輝いています。まさに、最大のセールスポイントといえるでしょう。マンション経営以外にも、ホテルや介護施設、商業施設、オフィスビル、さらに貸し会議室や天然温泉施設、スポーツ施設などによる土地活用もすすめています。信和建設みずからも、天然温泉「ひなたの湯」や貸し会議室「JEC日本研修センター」、フィットネスクラブ「カーブス」などで、その経営を実践。

信和建設で不動産投資をしたい

生活の拠点や事業を展開するために土地や建物を取得しますが、中には取得した土地や建物を活用して不動産投資を行う人もいます。建設業の多くは不動産投資に関する事業を展開していますが、大阪の信和建設も不動産投資のサポートを行っています。具体的にどのようなサポートを行っているのか、信和建設の不動産投資についてご紹介しましょう。

■【信和建設】最適な不動産投資プランを提案

信和建設では不動産投資のプランなどを提案しています。まず、不動産投資では賃貸物件を1棟購入して全て賃貸にあてる方法と、分譲されたマンションの区分を購入し賃貸にあてる方法があります。1棟ごと購入する方法は投資額が大きく、また市場状況や将来性から慎重に選らばねければならず、また入居者数も多いので運営や管理に関しても十分な検討が必要です。

区分を所有する方法は1棟ごとに比べて少額投資ですが、同じマンションで複数室購入して分散すると運営に煩わしさが生じるデメリットがあります。また、不動産投資では賃貸マンション意外にも戸建てや商業施設などの選択肢もあり、土地の特性や条件によって適した物件は異なるのです。
すでに土地があればそこに建てれば良いのですが、土地がない場合は土地を借りたり購入したりする必要もあります。

信和建設では適切な投資方法や土地に応じた最適な賃貸物件や土地の提案や建設、運営・管理など不動産物件に関してトータルなプランを提案してくれます。土地や建物、個人の希望に応じて最適なプランが提供されるので、土地活用に悩んでいる人や不動産投資を始めたいけど右も左も分からない人も安心して利用できるパートナーです。


■【信和建設】高品質な賃貸物件を提供

信和建設は今まで数々のマンションや戸建て住宅、商業施設などの建設やリフォームを手掛けており、不動産関係者からも高く評価されています。不動産投資では適切なプランの提案とアドバイスと一緒に、プランや要望に基づいた建物の建設やリフォームを行い、投資価値のある物件を提供してくれます。

古くなったマンションを立て替えた方は、室内や住宅設備、壁材などの仕様は一つずつ丁寧に相談して決めていき、また緑を大切にしたいという要望からもともと植えていた樹木を保管し、新しいシンボルツリーを植えると同時に以前植えられた樹木も移植されて引き継がれ、細かい配慮が評価されていました。また、賃貸物件の管理も行っており、メンテナンスをはじめとしたアフターケアも迅速で、長いスパンで不動産投資する場合も安心です。

自分に適した不動産投資は何か見極めることは容易なことではなく、信和建設はそんな悩みを抱える人々の良きパートナーとなってくれるでしょう。一方的な提案ではなく、個人の意見も尊重して最適なプランや建物を提供してくれるので、安心して不動産投資を任せられます。

使わない土地の活用や税対策に困っている方、不動産投資に興味がある方は信和建設に相談してみてはいかがでしょうか。

信和建設の土地活用とは

そもそも土地はただ所有しているだけでは各種税金や維持費、管理費もかかり、負債になる可能性もあります。そのため、土地の使い方や目的、要望を考え、地域の特性やニーズを踏まえて事業を行うことで、結果的に資産の維持だけではなく、地域の発展にもつながっていくとされています。


■信和建設での土地活用のメリットとデメリット

例えば、土地活用で賃貸住宅事業や商業施設などを始めると、その事業からの収益を得ることができます。また、事業を経営することで土地に課される固定資産税や相続税、所得税などは節税することができるのも大きなメリットです。

土地活用を行うと、事業を継続して続けることができ、その地域の居住や就労などで人口が増え、地域活性化にもつながっていきます。ただ、土地活用には細かい市場調査や事業計画をしっかりと行う必要があります。大切な土地と資産を守り、市場ニーズや将来を考えた上で、所有地の価値と有効な運用方法を見出すことが大切なのです。


■信和建設での土地活用のポイント

土地活用のポイントとしては、資産構成・次世代に通用する事業・しっかりとした調査と企画・パートナー選びなどがそれぞれ挙げられます。


・資産構成
預貯金や有価証券などを踏まえ、あらゆる資産の運用バランスを考えることが大切です。

・事業
変わりゆくライフサイクルに応じて、長期的な視野と展望を持ち、次世代に通用していけるような事業を考えなければなりません。

・調査・企画
マンションの建設を行う場合には、少子高齢化や人口減などの影響を考え、市場調査や密な事業設計が必須となります。
特色で差別化を図ったり、企画力や商品力をしっかりと身に付けたりすることが大切です。

・パートナー
土地活用には、法務や税務、マーケティング、プランニングなど様々な行程を経て進めていかなければなりません。しかし、専門的な知識が必要になることが多いため、土地活用の企画をはじめ、事業立ち上げまでを相談できる会社を選択する必要があります。

■まとめ

信和建設は、土地活用を考える場合に適したプロフェッショナルな企業です。土地活用を考えるにあたり、心強いパートナーになるに違いありません。土地活用を考えている場合は、チェックしてみてはいかがでしょうか。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

aizu

信和建設他、不動産投資に関する会社一覧、コラム