athome

全国にはたくさんの不動産会社や仲介業者がありますが、大手不動産会社は物件数が豊富で取り扱いエリアが広く、店舗の利便性が高いといったメリットがあります。

加盟店舗数が多く、他の不動産業者にはない物件探しに利用されることの多い「アットホーム(athome)」は、大手不動産会社の代表格です。今回は、アットホームの会社概要や特徴について紹介していきます。


会社概要

アットホーム株式会社は、東京都大田区を本拠地に不動産情報を提供している企業です。不動産業者との情報流通が主な事業ですが、近年はインターネットを通して消費者向けの広告も提供しています。

全国に52ヵ所の事業所があり、物件検索や物件情報公開、物件管理、成約連絡など仲介業務を総合的に支援しています。


事業案内

アットホームは1967年の創業以来、不動産に関わる多数のサービスを提供しています。


■不動産会社間情報流通サービス
物件情報をスムーズに取引できるサービスに取り組んでいます。図面配布サービスを取り入れたファクトシートによって、指定のエリア加盟店に最短3日で物件を案内することができます。


■消費者向け不動産情報サービス
アットホームは、スマートフォン向けの専用アプリ「アットホーム モバイル」を用意しています。パソコンと同様に希望エリアにある物件情報などを検索したり、情報サイトから直接加盟店に問い合わせたりすることもできます。

全国の新築や分譲マンションなどの最新情報は、消費者に見やすいようビジュアルを重視した形で更新しています。住まいや暮らしに役立つコンテンツなどが寄せられているのも、アットホームならではの特徴です。


■不動産業務支援サービス
戸建てやマンション、土地などの面積、価格、成約状況などをエリア別に集計しているサービスです。分析した統計データを公的機関や一般企業、マスコミなどに提供しています。

また、適正な取引を計るために販売や賃貸履歴などを閲覧することも可能です。分譲マンションは、分譲時に出たパンフレットや評価額などのレポートを作成するためのサービスも用意されています。

現代はインターネットの時代と言っても過言ではありません。アットホームはファクトシートを考案することによって、全国の不動産会社間の橋渡しに柔軟に対応することができています。

ただ単に情報を提供するのではなく、物件を介した全ての人達に向けた開発に取り組んでいる情報サービス会社でもあるのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

aizu

信和建設他、不動産投資に関する会社一覧、コラム