きれいなビーチとビールが好きなら、ここは最高だよ#DAY12

月1で銃撃戦が起こってるだの、石鹸がケチャップ臭いだのいってるけれど、それを補って余りあるのがビーチだと思う。

少し自慢したい。ぼくの職場環境を。

やっぱりきれい。抜群に。日常的に使ってるからそんなにきれいでなくても不思議ではないのに、離島並みの透明度がある。まあ、離島なんだけれど。

オフィスから徒歩5分未満でこんなビーチが広がってる。すごく心地よくて、ランチをそのへんのレストランで食べたらよく来てる。

ただ波の音をきいて風に吹かれるためだけに。

砂も細かい。

天気が良くて、きれいなビーチがあるってそれだけで最高やないか。なんにもしたくなくなる。

多くの人間が住んでるビーチでこんなにきれいんだから、ぼくの行くセントビンセントはもっときれいんじゃないかと期待してしまう。

だってセントビンセントの人が、セントビンセントは32の島とサンゴ礁からなってるから、ビーチ狂いで酒が好きならここは最高だよって言うんだもの。

最高じゃないか。充実のバックアップ体制。存分にリラックスできる。

ちなみに、ここセントルシアはピトンというローカルビールがある。あとは、ラム酒が有名。海賊っぽい。

昼間からビーチではしゃいでいる欧米人もちらほら見受けられるけれど、ビーチは広く長いので、平日は静か。週末は地元の人たちも泳ぎにくるからかなり賑わうようだけれど。

賑わうで思い出したけれど、毎週金曜日、フィッシュナイトというイベントがグロスリーという町でひらかれている。

新鮮な魚を食べてわいわいしようぜ!ってことだと思う。ロブスターもある。めちゃくちゃ大きい。こんなサイズ見たことないよってのもごろごろいてる。が、1番小さいサイズでもお値段3000円ほどと可愛げがない。

各レストランにDJがいたりして音楽が鳴り響いてる。

こんな風に路上がクラブのようになる。

早い時間は年齢層が高くてちょっと社交ダンスっぽいんだけれど、夜が更けるにつれだんだん若者の時間になってくる。8割くらい欧米人の観光客。

ぼくも11時半くらいまで踊った。

地元の人たちは金曜日の夜は2時とか3時くらいまで飲んでたりすることもあるそう。

すごい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいつでもだれでも大歓迎です! もっと勉強して、得た知識をどんどんシェアしたいと思います。

I like you!
7

yuki oka

淡路島出身。営業/知財@日系メーカーを経て青年海外協力隊2018-3セントビンセント。視覚障害者協会(NPO)でマーケター兼広報。視覚障害者の啓蒙活動をメインに活動中。多文化共生と多様性がテーマ。旅行と読書が趣味。国際協力系キャリアを模索中。誰かにとっての善き物語を紡ぎたい

セントビンセント日記

カリブ海はセントビンセントでの日々のブログ。ときたま南国の風をお届け。ぼくが2年間で見聞きして考えたことをつらつらと。 ※私的なものなので話半分で、そして言葉の通り受け取らないでください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。