大人のネット常識:「disるならお金を払おう。」

2か月ぶりにブログを更新しようとはてなブログを開いてみたが、なかなか書きたいことが決まらない。

おかしい。書きたいことがあるからブログを開いたのに。

筆が進まない理由としてぱっと思いつくのは、はてなブログのデザインに飽きてしまったということ、Google アドワーズの設定に失敗してコンテンツのマネタイズがうまくいかなくてフラストレーションを溜めていたことだと思う。

言いたいことはたくさんある。でも、書く内容がかなり制限されてしまったように感じて、退屈になってしまった。

-------

私はいままで日常に起こったことについての感想や、人生においてあまり人に話せないような内容を無料でダラダラと書いてきたんですけど、思ったよりも反響があり、私の考えや出来事も十分、有料コンテンツにしてもいいんじゃないかと考えが変わったんですね。

反響ってあれですよ、良い評価ばかりじゃなくて、悪い評価もたくさんあるわけです。誹謗中傷ですよ。世の中には芸能人・有名人だけでなく、インターネットの世界の住人をつけまわして、1年前に言っていたことと違うとか、その人が失言したり、失敗するのをずっと「見ててくれている」人がいて、そういう人たちもいるおかげでアクセス数がたくさん稼げて話題になる。

でも、芸能人・有名人と決定的に違う点は、無料で提供している点なんですよ。話題になったところでマネタイズしないと、ただ消耗して終わるわけです。承認欲求が満たされる感覚よりも、消耗しているという感覚のほうが強くてわりに合わないなと思うようになったということです。お金儲けをしたいというよりは、どうせアウトプットして誹謗中傷されるなら、お金を払って誹謗中傷権を買ってもらったほうが心無いコメントにも手元にお金が残るので良いじゃないですか。(笑)

まぁ、私のツイートが話題になったのなんて2年前だし、有名人でもなんでもないんですけど、誹謗中傷はいまだにあるんですよね。あとは、はてなブログのほうのPVは一か月でだいたい1万件近くあります。

Noteが良いのはアフィリエイトではなく、記事そのものを課金コンテンツにすることが可能で、表現内容だったり、内容についてそれなりに考えて書いている私と感覚的に相性が良いシステムだなと思いました。

ちなみに、だれでも簡単にクリエイターになれるこの時代に、「お金をもらったらプロなんだから、見栄えのいい、大衆に認められる素晴らしいものを大作を創ろう」とかそんな高尚な気概を持って、書いたりしないですよ。

あくまで、ライトコンテンツです。

どんな内容になっていくのかまだわからないし、Noteでの相変わらず無料記事が多くなると思います。はてなブログとの併用がしばらく続くかな。まあ、気が向いたら暇つぶしにどうぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Hayley

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。