見出し画像

なんであんな美女があんな男と!?街で見かける不釣り合いなカップル。美麗な女性のハートを射止めた男の特殊能力について深く掘り下げてみた。『デタラメだもの』

街を歩いていると、不釣り合いなカップルを目にすることがある。どのように不釣り合いかと言うと、極端に美麗な女性と、普通、もしくは世間的な評価が普通よりも下回るんじゃないのと思しき顔面の男性が、仲睦まじく寄り添っているケースである。

そういった男性に対し特段のジェラシーを抱いているわけではなく、じゃあ何が言いたいのかと言うとですねぇ、そういった男性は凡人じゃ持ち合わせない類の特殊能力を持っているんじゃあないの、という仮説ですわね。

まずは、女性が男性を選ぶ際のあからさまな条件について考えてみたい。友人知人に自慢しても羨まれるような丹精な顔面だったり、何かしら悪行に手を染めてんじゃねぇのと勘ぐりたくなるほどケタ違いに高額な収入だったり、天から授かった高身長だったりというものが挙げられると思う。そんな条件を兼ね備えた奴、どこにおるねん、と思いたくもなるが、思い描く理想というのは個々人の自由であるからして、そこは目を瞑ってみるとしよう。

美麗な女性とそうでない男性の不釣り合いなカップルの場合、既に丹精な顔面という条件を満たしていないことは火を見るより明らか。多くの男性が、「なんでこんな男がこんな美麗な女性と!」と、やっかむほどである。そうやって吠える男子諸君は少なくともその男性よりも、顔面の流麗さでは勝っていると自負しているはずである。

となるとだ、残された条件は高額な収入と高身長ということになる。が、得てしてそういう男性は、高身長でない場合が多かったりもする。そう考えると、外見的要素により美麗な女性のハートを射止めたわけじゃないということが伺い知れる。

じゃあ何か。女性という生き物は、高収入だったらどんな男でもいい、ということになるのかい。それには違和感を感じざるを得ない。女性という生き物をナメてもらっちゃ困ると、クレームを受けることは想像に易い。だとしたらどうなんだろう。そう考えたとき、その男性が特殊能力の持ち主だという仮説がより色濃くなるんじゃあないの。

いやいや。殊更に性格の良い男性かもしらんし、どこまでも優しい男性なのかもしらん。要するにだ、その美麗な女性は、内面で恋愛の相手を選ぶタイプだったということで結論が出てしまいそうだ。しかし、それではこの原稿の文字数が満たされない。おっちょこちょいな原稿に仕上がってしまう。それはそれで死活問題。もう少し掘り下げてみようじゃないか。

性格の良さや優しさというものは、非常に抽象的な要素であることを、ここに付け加えたいと思う。収入ならば他人と比べられる。数字で出ちゃうからね。身長もそう。他人と並べば一目瞭然。しかも、おいくら万円ほどの年収を得ている男性がいいだとか、何センチメートル以上の身長の男性がいいだとか、理想を数値化しやすい。それにより、条件を満たしているかどうかが明白になるわけだ。それに比べると、性格の良さや優しさというものは、明確に他人と比べられない。だったら美麗な女性が奴を選んだ理由も、決して内面ではない、と思ってしまうよね。

だって、普段の日常生活においては優しい彼。仕事の場面でもとても優しい人物だとする。しかしだ、性格の良さや優しさというものは、どこでバケの皮が剥がれるかわかったもんじゃない。自宅にコレクションしているアニメのフィギュアをガチャリと倒されたことによって、半狂乱になって荒れ狂う性格をしてるかもしらん。お気に入りのスニーカーをどこかのキッズが踏みつけたことによって、大人げなくブチ切れるかもしらん。人生におけるあらゆる場面を想定して、性格の良さや優しさのチェックをすることなんて不可能だ。そんなあやふやな要素で、貴重な時間を共にする相手を選んでしまってもいいものか。

ほら、内面じゃないよね。だとすると、そういう男性はやっぱり、何かしらの特殊能力を備えているということになるよね。じゃないと、説明がつかないもんね。じゃあどんな特殊能力を備えているのだろうか。

まず考えられるのが、空を飛べる能力。もしかすると、不釣り合いなカップルの男性は、自由に空を飛べるのかもしらん。は? 何を言うてるのだ。深夜に原稿を書き過ぎると、わけのわからんことを言ってのけてしまうもんだから閉口してしまう。廃案。

じゃあ、夜の営みが常人を遥かに上回るほどに優秀という案。いや、これも廃案。だって、夜の営みというものは、それが行われる前提として、夜の営みを許すというある種の許可を女性側が下さない限り、男性の意思ひとつではどうしようもできないジャムセッションだからである。

他人よりも足が速い、ジャンプ力が高い、格闘が強い。いや、これも廃案だな。小学生、中学生の時期には、こういった能力が女子から評価されるが、いざそういった能力が社会に出てから役に立たないと察知した女性たちは、これらの能力を軽視するようになるからだ。軽視どころか、評価の対象から排除してしまう。だからこれも違う。

誰よりも自分を楽しませてくれる。トーク力が抜群に高い。これは一理あるぞ。人生は楽しいほうが良いに決まっている。どうせ皆、顔面なんて衰えていくもの。晩年に評価されるべき能力は、顔面の良し悪しなんかではなく、他人を楽しませられる能力ではあるまいか。もしかして、これじゃない?

自身が導き出した答えを検証すべく、飲食店などで不釣り合いなカップルの隣に居合わせた際に、チラリと会話に耳を傾けてみた。するとどうだ。この案も秒殺で廃案になってしまったじゃないか。だってその男、何ひとつ面白いことを言ってのけない。美麗な女性の爆笑をかっさらうわけでもなく、顔芸をするわけでもなく、一発ギャグをするわけでもなく、淡々と会話を楽しんでいる。笑いという能力で美麗な女性を支配したという案も消えてしまった。

だったらもう、答えは出たよね。これだけの仮説を廃案にしたからには、もう答えは出ちゃったよね。ようやく辿り着いた答え。それは、不釣り合いなカップルの美麗な女性は、その男から何らかの弱みを握られている、ということになる。生涯を掛けて隠蔽し通さねばならないほどの重大な秘密を、その男が握ったということ。それにより、美麗な女性はその男と交際せざるを得なくなった。どちらかというと脅迫に近い。その果てには結婚し家庭を持ち、その男と一生添え遂げねばならないという運命しか残されていなかった。こう考えるのが、至極まっとうな考え方というものだ。

ようやく辿り着いた答えに、快便後の如くスッキリし、後輩とビールを愉しむ。すると、店の入口から殊更に美麗な女性が入ってきた。後ろに続いて入店してきたのは、この辺りじゃ見かけないほどに丹精な顔面の男性。展望台から下界を見下ろすほどの高身長。羽織っているスーツを見るや、どう考えても高収入。女性の支持を圧倒的に集められる要素を全て兼ね備えている。

それを見て思ったわけだ。この美麗な女性は、弱みを握られることなく恋愛を楽しんでいる。美麗な女性に丹精な顔面の男性。これこそが本来あるべき姿じゃあないの。なんて爽快な気持ちにさせてくれたんだ。実にスッキリした。胸がスカッとした。私は全力でお二人を祝福したい。

そう思い、ひとりニマニマしていると後輩は言った。「先輩って、3回生まれ変わったとしても、あんな男にはなれませんよね」と。後輩よ、よくぞ気づかせてくれた。他人を祝福している暇など、僕にはないってことを。だって、僕には女性に支持される条件がひとつもないじゃあないの。何を武器に戦って行けばいいって言うのよ。お造りにワサビを付着させ過ぎちゃったせいで、涙が止まらないじゃないの。

後輩の言葉に肩を落としていると、ふと思い出した。あっ、そういえばオイラ、空を飛べる能力があったかもしらん。

デタラメだもの。

▼ショートストーリー30作品を収めた電子書籍を出版しました!

▼常盤英孝のプロフィールページはこちら。

▼ショートストーリー作家のページはこちら。

▼更新情報はfacebookページで。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今後も良記事でご返報いたしますので、もしよろしければ!サポートは、もっと楽しいエンタメへの活動資金にさせていただきます!

もしまだでしたら、フォローもぜひお願いします!
6

常盤英孝(ときわひでたか)- 大阪モダンディスコ

《3分後にはもう、別世界。》 広告企業勤め+フリーランスの兼業家。『3分で読めるショートストーリー作家+広告クリエイター+マーケッター』の切り口で記事を執筆しています。https://www.facebook.com/osakamoderndisco/

エッセイ『デタラメだもの』

デタラメに生きる。デタラメに暮らす。薄暗い世の中をデタラメに生きるための処世術、バイブル。妄想まみれで日常を綴るエッセイです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。