♯018 受療中断をいかにして防ぐか(退院の前に、約束やルール決めをする)

退院後、本人が受診や服薬をやめてしまうことがあります。主治医の判断で徐々に投薬を減らしているのでないかぎり、自己判断で治療を中断してしまうことは、症状の悪化にもつながります。

家族からの相談を受けていると、「過去に通院(入院)したことはあるが、途中でやめてしまって、そのまま何年も経ってしまった」と話すなど、受療中断した際に、家族も対応をとっておらず、結果として、病気の方を長年、放置したことになってしまっています。

そもそも、本人とのコミュニケーションがとれておらず、通院や服薬を自己管理に任せているケースもあります。当然、受療中断したことによる状態の変化にも気づかず、病状がひどくなってから受療中断の事実を知るのでは、あまりに遅すぎると言えます。

退院後に受療中断しないための環境を整えることはもちろん、受療中断となった初期の段階で、いかにして対応をとれるかが重要です。

この続きをみるには

この続き:1,838文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

本人を精神科医療(入院治療)につないだあと、大切なことは本人が病識をもち、退院後も治療を継続できるよう(また、健全な生活が送れるよう)...

または、記事単体で購入する

♯018 受療中断をいかにして防ぐか(退院の前に、約束やルール決めをする)

(株)トキワ精神保健事務所

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

♯012~♯019 まとめ

本人を精神科医療(入院治療)につないだあと、大切なことは本人が病識をもち、退院後も治療を継続できるよう(また、健全な生活が送れるよう)環境を整えることです。そのために、入院中から準備しておくべきことをまとめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。