♯006 きょうだいの立場で、何をすべきか ②親と腹を割って話し合う

これまでは漠然と「親が何とかするだろう」と考えてきましたが、親は高齢となり迅速には動けず、相談機関への説明さえ覚束なくなっています。親だけではどうにもならない状況にまで至ったからこそ、きょうだいにSOSが発せられたのだという現実を認識しましょう。

また、今になって親の本人対応の是非を指摘したところで、すでに修正がきかない状況であることは、傍目から見てもお分かりでしょう。親はもう、問題解決のための【キーパーソン】として動く機を逸しています。きょうだい自身が【キーパーソン】となって動く覚悟をもたなければなりません。

親と最低限、話し合うべきこと

きょうだい自身が【キーパーソン】となり、本人の将来的なことを考えるに当たって、最低限、親と話し合っておくべきことをお伝えします。

この続きをみるには

この続き:1,398文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

相談前の準備や心構えに関するnote(♯001~♯007)をまとめました。

または、記事単体で購入する

♯006 きょうだいの立場で、何をすべきか ②親と腹を割って話し合う

(株)トキワ精神保健事務所

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

♯001~♯007まとめ

相談前の準備や心構えに関するnote(♯001~♯007)をまとめました。