見出し画像

♯032 どちらを選んでも「最悪」という現実の中でどう決断するか

弊社には、「ほうぼうに相談にいったが解決できなかった」という家族からの相談が多くありますが、必然的に、弊社に来られた時点で選択肢は限られている状況です。

最近はさらに、「数少ない選択肢のうち、どちらを選んでも状況が大きく改善することはない」というケースも増えています。

その背景に何があるのでしょうか。一つは、常々申し上げているように制度の問題があります。たとえばかつては、精神疾患(あるいはその疑い)がある以上、「とにもかくにも、医療につなげることが最良の選択肢である」と言い切ることができました。

しかし昨今は、一概にそうとも言えなくなっています。

この続きをみるには

この続き:2,538文字

♯032 どちらを選んでも「最悪」という現実の中でどう決断するか

(株)トキワ精神保健事務所

210円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

(株)トキワ精神保健事務所

トキワ精神保健事務所は、創業者・押川剛が1992年に起業し、1996年より病識のない精神障害者を説得により医療につなげる「精神障害者移送サービス」を創始。社会復帰のサポートも行っています。一覧 →http://www.tokiwahoken.com/tokiwanote.html

トキワレポート(メンタルヘルスと家族の問題)

メンタルヘルスにまつわる、家族・親子の問題についての記事です。精神疾患や長期ひきこもりを一因とした問題行動に、家族としてどう対応すればよいのか。うまくいかない親子関係にどう向き合えばよいのかなど、弊社の経験から分かることをお伝えします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。