見出し画像

TOKOGURAレシピ第2弾!「完熟トマトジュースで簡単!ガスパチョ」

こんにちは! とことこ暮らし編集部Yです。

とことこ暮らしで扱っている商品を活用したレシピの第2弾を、クックパッドにアップしました!

今回は茅ヶ崎市萩園・温故知新 開工房さんの「ブルーベリージャム」や「糸工房もくもく」さんの手染め糸などを最初に見つけてきてくれた、お料理&手作りが得意なスタッフA子さん考案です。

画像1

左のおいしそうなメイン料理も気になりますが、今回のレシピは左の「ガスパチョ」です♪

画像2

使用した商品は藤沢市北部で営む湘南佐藤農園さんの「高糖度 果汁100%完熟フルーツトマトジュース」

同農園では特殊なフィルムの上で、トマトの根が求める溶液だけを供給。潅水(かんすい=水やり)極力控えるという「アイメック農法」を採用。 

トマト本来の生命力が引き出され、甘さ、栄養価共に最大限まで凝縮された甘くてジューシーなフルーツトマトが育つそうです。
その糖度は一般のトマト(糖度4~6%)と比べても、7~11度と高く、リコピンが約3倍、ビタミンCが約2.5培、B-カロテンが約1.5培!

画像3

▲農園の4代目・佐藤智哉さん。歴史ある農園に新しい風を吹かせようと2015年からアイメック農法を採用。お母さん世代が働きやすい職場作りなど、革新的な野菜作りに意欲的に取り組んでいます。

画像4

A子さんが取材に行った際には、佐藤農園さんのフルーツトマトをお土産にしてくれ、編集部一同でまずは実の状態でそのままいただきました。
「フルーツだ…」というそのまんまの感想しか出ないくらい甘くてフレッシュ!

画像5

ジュースになってもそのおいしさは如何なく発揮されています。私(Y)は正直なところ子供のころはトマトが苦手で食べられず、今は生でも料理に入っているのも大好きになりましたが、トマトジュースだけはあの頃なぜ苦手だったかが凝縮されているような濃厚な"トマト感"に少し抵抗が残っています。(何言っているかわからなかったらすみません)

でも湘南佐藤農園さんのトマトジュースは本当に「おいしい」としか感じないくらい、濃厚ながらも「トマトの良いところだけ」が詰まった奇跡のような味でした!
苦手な人(上記で何言っているかわかったような方)にもぜひ1度飲んでいただきたいトマトジュースです。

画像6

ガスパチョにすれば、おいしくさっぱり。ジュースの味が濃厚なので、冷やしてもうま味がしっかり味わえます。A子さん曰く、そのままスープとして飲むのはもちろん、お肉や魚、パスタにかけてもおいしいそうです。

レシピもぜひお試しくださいね!

商品の詳細確認や購入ページはコチラ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

とことこ暮らし

「とことこ暮らし」は、湘南の魅力発信オンラインショップです。 noteではショップの最新情報に加え、取材の裏側やスタッフによるこぼれ話なども発信していきたいと思います。よろしくお願い致します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。