LEDのエジソン電球

エジソンが実用に耐える電球を世界で初めて作ったのは1897年のこと。当時のフィラメント(電球内の細い糸状の線)には日本の竹が使われていたそうです。現在はタングステンが使われていますが、エジソン電球のデザインを、LEDのフィラメントで再現した「LEDエジソン電球」を販売します。


クラウドファンディングで支援した同じタイプの電球
がオレンジ色すぎて気に入らず……。しかもほかの家電を使うとチラチラして安定しません(汗。そのほかに国内で販売しているサイトから入手したのですが、けっこうな値段(4000円くらい)なので、直接、中国の業者とやりとりして、フィラメントのデザインほか、口金や色温度などを指定して製造してもらいました。

透明ガラスの内側に、円柱状に8本のLEDフィラメントが並んでいます。色温度は2700Kと、一般の電球と同じような色合いになっています。白熱球の雰囲気が好きで使われている方やお店も多いと思いますが、いまや60Wの白熱電球は、450Lの冷凍冷蔵庫と代わらない消費電力になっています。たった1個の白熱電球を使うことは、すごく贅沢なことになってしまいました。

60Wの白熱電球からLEDエジソン電球に交換すると、消費電力が10分の1になり、雰囲気はあまり変わりません。また白熱電球のように熱を持たないので、夏場の冷房代を節約できるかも?

LEDの特性として、フリッカーがあることや、直進性があってまぶしく感じる方もいるかもしれません。まぶしさに関しては、従来のLEDよりは柔らかい印象です(個人差があります)。またLEDは長寿命といわれていますが、発光部分が壊れる前に回路が切れる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。商品到着後、3か月以内に切れた場合は交換させていただきます。

【仕様】
 口金:E26
 色温度:2700K
 電圧:100V
 消費電力:8W
 LEDフィラメント:8本
 明るさ750ルーメン
 ※実感として、50〜60W相当の明るさです。
 
ライティングレールの最低消費電力に達しない場合、調光がうまくできません。
  その場合は、消費電力の大きい電球をひとつ点けてください。

【価格】 
 1個 1800円(税込)
 ※10個以上のご注文は送料無料。

【送料】
 壊れ物なので、宅配便・ゆうパックを利用します。
 個数や配送先によって料金が変わりますので、注文時にお知らせします。
 例)ゆうパックで610円〜

【支払方法】
 銀行振込、ゆうちょ銀行
 ※振込手数料はお客様にご負担いただきます。


【12Vのエジソン形LED電球も完成しました!】

口金部分にプラスチック部品が加わり、フィラメントのデザインが少し変わりました。ソーラー発電などで12Vのバッテリーに貯めた電気をそのまま配線して照明として使うと、電圧変換によるロスがないのでおすすめです。価格は2400円(税込)。
消費電力:6W 明るさ:550ルーメン ※実感として、40W相当の明るさ]


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。よかったらシェアや投げ銭もお願いします!
5

コメント3件

すいません、ちょっときになったので
http://woman.mynavi.jp/article/140522-43/
ありがとうございます。知りませんでした。さっそく修正しておきました。ちなみに竹フィラメントの電球は、日本で作られているようです。
http://portal.nifty.com/2010/03/06/a/
私も自分の子に迂闊に言ってしまい後で知った始末です。ちびまる子ちゃんの歌じゃないですが時代と共に常識も変化しますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。