架城巧/月野しほる

小説と詩を書いています。

これまでとこれから、そして今日

第三回文学フリマ札幌に参加してきた。第一回のときにはお客さんとして参加していたけれど、出店者側としての参加は初めてである。

僕は北十(ほくと)という団体で参加した。高校文芸時代に別々の高校だった同年代が集まってつくったグループだ。そのほかにも北海学園大学と國學院大學短大の合同グループ、北國(きたぐに)にも寄稿していたし、折本フェアminiの47のべるにも参加していた。

会場は冷房が効いているは

もっとみる

深海から浅瀬へ

SAKANAQUARIUM2018‐2019 魚図鑑ゼミナールに行ってきた。その感想をつらつら書こうと思う。

セットリストは以下の通り。

〈深海〉1 朝の歌2 mellow3 フクロウ4 ティーンエイジ5 アムスフィッシュ〈中層〉6 明日から7 ネイティブダンサー8 涙ディライト9 スローモーション10 仮面の街〈浅瀬〉11 新宝島12 Aoi13 ナイトフィッシングイズグッド14 表参道26

もっとみる

生活のなかの芸術

札幌大通地下ギャラリーの500m美術館に行ってきた。その感想を書こうと思う。ただし、作品それぞれの感想というよりは空間そのものに対する感想だ。

場所は地下鉄大通駅とバスセンター前駅の間の通路だ。そこにさまざまな作品が展示されている。テーマは「最初にロゴス(言葉)ありき」。

僕がこの展示に興味を持ったのは、好きな詩人である文月悠光さんの作品が展示されていると知ったからだ。調べてみると、テーマも僕

もっとみる

ご報告

前回の投稿で、僕はこの〈note〉では『匿名希望』という名義で書くと言っていたが、こちらの名義も『架城巧』と『月野しほる』に変えようと思う。

混乱する人(多分、誰もいない)のために一応言っておく。

理由としては〈note〉の文章もまた、一種の表現であると考えるようになったからだ。

前回の投稿で言ったことを、次で撤回するという節操のなさを批判する人がいるかもしれない(多分、誰もいない)。

もっとみる

これからの活動について

あけましておめでとうございます。

2018年になったから、ちょっとした報告を。

今までは匿名希望という名前で活動してきたが、今年からは今までとは違う筆名で活動していく。

小説では架城 巧(かじょう たくみ)、詩では月野 しほる(つきの しほる)という二つの名前でやっていこうと思う。

そもそも、僕が匿名希望という名前ではない名前で活動していたのは、作品に外側からの人格を与えたくなかったからで

もっとみる

近況報告

全然更新していなかぅたので、近況を書き連ねていく。

生活リズムついて。最近、完全に夜型人間になった。中途半端な時間に寝落ちをしていたら、夜眠れなくなってしまった。冬休みを利用して、生活リズムを整えようと思う。

食生活について。今まではラーメン人間だったが、最近は牛丼人間になっている気がする。ただ、近所(と言っても30分は歩く)にあるのは吉野家だけなので、すき家に行ってみたい。吉野家は水をセルフ

もっとみる