近況報告

全然更新していなかぅたので、近況を書き連ねていく。

生活リズムついて。最近、完全に夜型人間になった。中途半端な時間に寝落ちをしていたら、夜眠れなくなってしまった。冬休みを利用して、生活リズムを整えようと思う。

食生活について。今まではラーメン人間だったが、最近は牛丼人間になっている気がする。ただ、近所(と言っても30分は歩く)にあるのは吉野家だけなので、すき家に行ってみたい。吉野家は水をセルフサービスにすれば、店員さんが少し楽になると思う。

小説について。最近は、完全にモードが詩ではなく小説である。今はSF小説を書いている。『砂時計』に載せることができるものになるかはわかならない。テーマは「自己の確立」。ありきたりだけれど、これをSF的なギミックから描きたい。あと、最近小説は〈舞台〉が重要だと言うことに気がついた。これは書き進めるために重要な要素らしい。

詩について。萩原朔太郎の『詩の原理』を読んだ。正直、相当なダメージを受けた。特に、最後の方に書かれていた口語自由詩の欠陥については、いまだにダメージを受け続けていると言ってもいい。「『国語』の新しき創造」は現代までに実現されたのだろうか。確実に作風が変わりつつある。どんな風に着地するかはいまだわからない。

あと、いくつか印象的な出来ごとを挙げるなら、米津玄師のライブに行ったことだろう。かなりまえの席で、とても楽しかった。音楽の刹那性と肉体性、それに伴った美しさを感じた。こればっかりはウォークマンで聴いているだけでは感じられないと思う。

なにか具体的に考えごとをしているときは、〈note〉が書けないことがわかった。それを文章をして昇華するのは作品に対してであり、ここではないのだ。もっと素朴なこと、作品と無関係なことを書いていくことになると思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。