ブックオフのコマーシャルは記憶に残るけど、意外に投下量は少ない模様

確かに寺田心くんが出てるブックオフのコマーシャル印象に残りますよね。


似たような年頃の息子がいるからかなとか、勝手に思ってましたが、やっぱり好感度も高いんですね。

最後のページ見ると面白いのが、ブックオフのコマーシャルの投下量は携帯会社とかに比べるとそれほど高くない点。
少なくとも好感度の面では、投資対効果という意味でも、かなり高い結果になってそうです。

それにしてもトップのハズキルーペは強いですね。
こちらも実は投下量はそれほど高くないのが意外な感じ。

もはや、最初の頃のインパクトが効いてて、そんなに投下しなくても記憶に残るようになってるんですかね。

もちろん、見てるテレビ番組次第でどのコマーシャルに触れてるかは大きく違うんでしょうけど。
テレビCMって、知れば知るほど奥が深いですねぇ。

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んで、支援したいなと思っていただいたみなさん、このブログはブレストのための公開メモみたいなものですので、金銭的な支援よりは、いいねやスキボタンを押していただいたり、SNSでシェアしていただいた方が筆者は喜びます。 是非リアクションをお願いします。

うお、ありがとうございます(汗)
15

徳力の最近のニュースメモ

平日に一日一本、気になったビジネス系のニュースに関する感想を呟いています。 独り言ですが、コメント・ご指摘歓迎します。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。