noteの記事引用通知機能は、初めてのトラックバックの感動を思い出させてくれそう

はい、もうトラックバックとか死語ですよね。
でも、古参ブロガーとして久しぶりに感動したので、死語の引き出しから引きずり出してあえてタイトルに書きます。

若い人からすると意味不明の話だと思いますが、2003~2004年の日本におけるブログ1次ブームの時に、ブログが従来の日記系サービスとは異なる機能として持っている要素として良くあげられていたのが「トラックバック」機能でした。

相手のブログのトラックバックURLを自分のブログに入れてブログを書くと、相手のブログのトラックバック一覧に自分のブログのURLを入れることができたんですよね。
15年前は、ツイッターもSNSもなかったので、メールでやりとりするしかなかったんですが。

私たちブロガーは、相手のブログにトラックバックを打つことで、相手に自分がその人のブログにリンクしてブログを書いたよ、と教えることができたわけです.

なんだか、LINEを使っている人に、固定電話とか電報の使い方を教えているような気分になってきましたが(汗)


昨年末に新しくnoteに機能追加されて感動したのが、他の人のnoteに自分のnoteのリンクが埋め込まれると通知される機能です。

もちろん、noteユーザー同士でないと機能しないという限界はあるんですが。
これがあると、他のnoteユーザーが自分の記事にリンクしてくれると、メールで通知が送られてきます。

たまたま年始に、まつゆうさんが年始の挨拶記事に私の記事にリンクを入れてくれたので、実体験することができました。

この記事から、私の記事にリンクしてくれてるので、こんなメールが届きます。

いやー、これめちゃ嬉しいですよね。

もちろん、いいねとかコメントとか、ツイッターやフェイスブックでのシェアも嬉しいんですけど。

トラックバックって、ブログ同士じゃないとできないので、なんか初めてトラックバックもらった時に、ようやく一人前になれた錯覚に陥ったのを思い出しました。

日記系のブログだと1人語りが基本なので、リンクを張り合う文化はどんどん無くなっちゃいましたし。
トラックバックはスパムの温床になってしまい、ブログサービスからほぼ死滅しましたが。

このnoteのリンク通知機能は、昔のコミュニーケーション的なブログをnoteです書く上で、とても重要な機能になるんじゃないかなと思います。

唯一の不満はサービス名称が無いところですかね(笑)

ということで、そろそろブログを始めようか悩んでいる方は是非noteに来てください。
リンクしあいましょう(笑)


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んで、支援したいなと思っていただいたみなさん、このブログはブレストのための公開メモみたいなものですので、金銭的な支援よりは、いいねやスキボタンを押していただいたり、SNSでシェアしていただいた方が筆者は喜びます。 是非リアクションをお願いします。

うお、ありがとうございます(汗)
76

お金を目的にしないブログのススメ 「アウトプットファースト」

「ブログをお金儲けのために始めるのは、スジが悪すぎる」などという煽り記事を書きましたが、じゃあ何のために書くの?という質問が多そうなので、私なりの主にビジネスパーソン向けのブログ活用法をまとめてみたいと思います。 キーワードは「アウトプットファースト」です。
3つのマガジンに含まれています

コメント5件

もう記憶の彼方に消え去ってますよね。
これに対して、またトラックバックします!
何も、コメントで予告しなくても(笑)
今からメールしますって、電話するような錯覚が。
笑笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。