OLYMPUS OM-1(オリンパスOM-1)

高校に入学した時に初めて触った一眼レフカメラがこのOM−1だ。
それまではコンパクトカメラを使っていた。
もともと、鉄道ファンだったのでコンパクトカメラ自体はよく使っていた。
高校に入学して本格的に写真を始めた時に手にしたのがこのOM−1だった。
もちろん中古で購入したわけではなく、ましてや新品で購入したものでもない。
もともと家にあったのだ。
このカメラは母が勤めていた時に購入したものだ。
私が生まれる前から使っていたものだ。
だから、私の手元に来た時には相当くたびれていた。
当時はAF一眼レフが出始めの時期で、それら最新型のカメラからするとかっこ悪いと思った。
そういう思いと、新しもの好きの祖父が私を口実に新しいカメラが欲しいということもあり、高校時代にOM−1を使用したのは3ヶ月ほどだったかと思う。
その後、大学に入り、OM−1を修理・改造に出すことにした。
少しはこのカメラの良さを分かるようになったと言うよりは、露出計用の水銀電池が販売停止になり電源部分の改造が必要となったことが大きかったように思う。
元々、メカシャッターのカメラなので、電池がなくても動くには動くのだが、露出を本体付属の露出計以外の方法に頼るのはいかにも面倒なのと、
どう見てもくたびれているので、この際、思い切って「延命工事」を施した方がよいと考えたのだ。
電池部分の回収は数千円レベルだったが、カメラ本体とレンズのオーバーホールには数万円を要した。
機体を開けてみると、ガラス部品はカビて、プラスチック部品の一部は溶けていたそうだ。
数週間を経て、OM−1は見違えるように綺麗になり私の手元に戻って来た。
それからガシガシ使用したかと言うと、そうではなく、ちょっと使用してまたしまいこんでしまった。
それから10年以上経ち、久しぶりにそして今までの中ではかなりの頻度で使用し始めた。
しばらくは快調に使用できていたが、現像から戻ったフィルムを見ると、どう調整しても露出オーバーな感じになって来ていた。
ここで2回目の修理に出した。
やはり、露出計が故障していた。
合わせて、前回修理時同様、ガラス部のカビとプラスチック部分の一部が溶けていた。
10年以上の時を経て、前回と同じような修理費用を支払った。
支払いと受け取りの際に修理工房の人に、今回交換したペンタプリズムはウチ(の工房)であと数個しかありません、と言われた。
ペンタプリズムとは、一眼レフカメラの頭部分に収められている鏡のような機能を果たすガラスの塊で、これがレンズを通して入って来た像(画像)をファインダーに投影する。
思えば、前回の修理でもペンタプリズムを交換しているので、保存状況にもよるとは思うが、OM−1はペンタプリズムがカビやすいのかもしれない。
ま、どっちにしろ今回の修理であと10〜15年は使える状態となったわけだ。
仮に15年使用できたとしたら、このカメラは半世紀以上、稼働したことになる。
その頃にはこのカメラを購入した母はいないだろう。
私は一体何をしているだろうか。

The SLR camera I touched for the first time when I entered high school was the OM-1.
Until then, I used a compact camera.
Because I was a railway fan, I used a compact camera often.
It was this OM-1 that I got when I entered high school and started photography in earnest.
Of course, I did not buy in second hand, nor did I buy new one.
It was originally at home.
This camera was purchased when my mother was working.
It was used before I was born.
I was quite tired when I came to my hand.
At that time it was time for the AF SLR to be released.
I thought it was awkward from those latest cameras.
I think that kind of my thoughts and early adopters like grandfather There is also the fact that you want a new camera for me to excuse, or you used the OM-1 in high school was about 3 months.
After that, I entered university and decided to send out OM-1 for repair and remodeling.
A little did not come to understand the goodness of this camera.
The main factor was that mercury batteries for exposure meters were discontinued and it was necessary to remodel the power supply.
Originally, because it is a camera with a mechanical shutter, it moves to move even without a battery, but relying on a method other than the exposure meter attached to the main unit is quite troublesome.
I thought that it would be better to make a drastic "life-expansion construction" at this time because I was tired by all means.
Recovery of the battery part was several thousand yen level, but it took several tens of thousands yen for the overhaul of the camera body and the lens.
When the planter opened the fuselage, the glass parts were moldy and some of the plastic parts were melted.
After several weeks, the OM-1 was clean and came back to my hand.
Then I didn't use it.
I've been back for a while.
It has been over ten years since then.
After a long time and for the first time started using it quite often.
It could be used well for a while.
But,
When I looked at the film that had returned from development, it felt like it was overexposed regardless of how I adjusted it.
I went for the second repair here.
As I thought, the exposure meter was broken.
At the same time, as in the previous repair, mold and plastic part of the glass part had melted.
After more than 10 years, I paid the same repair costs as before.
At the time of payment and receipt, it was told to the person in the repair workshop that there are only a few more pentaprisms we have exchanged at this workshop.
A pentaprism is a piece of glass that acts like a mirror, housed in the head of a single-lens reflex camera.
Project the image coming in through the lens onto the viewfinder.
If you think,
As we replaced the pentaprism in the last repair, I think that it depends on the preservation situation, but OM-1 may be susceptible to mold of pentaprism.
Well,
Either way, this repair is ready for 10 to 15 years.
If it could be used for 15 years, this camera would have been operational for more than half a century.
By that time no mother would have bought this camera.
What on earth do I do?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

#主に購読用のギャラリー巡り

Greenpepperair(青椒肉絲)が色々観てきた展覧会の感想を残すノート

Memories of the camera

My personal camera memories.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。