東京神父

「神父の湯」では主に現在撮影中の「別府温泉ルートハチハチ」のメイキングの話をします。 http://bor88.com

車椅子と温泉

障がいと一言で言っても様々な種類がある。僕は障がいに関して知識があるわけでもないし、簡単に語れるものでもないと思う。
でも剛さんと知り合ってから障がいというものを身近に感じ、前よりも考えるようになった。

剛さんは別府で車椅子生活を送る32歳。山登りや温泉巡りなど、障がいの概念を変えたいと様々な挑戦を続けている。

「別府温泉ルートハチハチ」は88か所の温泉を巡りスタンプを集めると名人になれるとい

もっとみる

原さんとの出逢い

原さんからfacebookにメッセージが来たのは2019年3月のことだ。
ルートハチハチのモデルにもなってくれた花田君の投稿で僕を見つけたらしく友達申請のメッセージが来た。

原さんのページを見て、面白そうな人だなと思った僕は次回別府に帰った時に是非お会いしましょう!とお伝えしたことを覚えている。
別府で行われた「大同窓会」のオフィシャルカメラマンとして撮影していた時「神父ー!!」と原さんが声をか

もっとみる

なぜスーパーマン?

僕が初めて山本さんに会ったのは2018年の2月22日。

「別府温泉ルートハチハチ」がまだ始まる前、「SELECT BEPPU」という店の前だった。別府に縁のある作家、職人の作品やオリジナル商品を扱う「SELECT BEPPU」は築100年の長屋の1室をアーティストのマイケル・リンと地元の建築家とのコラボレーションにより再生した物件で、趣のある店の前で山本さんがスーパーマンの格好をして撮影をしてい

もっとみる

ゆんたくしよう。

その日は「別府温泉ルートハチハチ」の企画の一つ「BEPPU BRAVE BLOSSOMS」を浜脇温泉で撮影していた。
ジムの選手達を温泉で撮る前に練習風景を撮影させてもらったのだが、その中に一人サンドバッグを叩いている女の子がいた。
真剣な表情で汗をかく格好良さとリラックスしている時の表情のギャップがとても良くて、面白そうな子だなと思った。

撮影終わりに「お疲れ様でした」と声をかけた時はだいぶ怪

もっとみる

綺麗なお尻は好きですか?

僕はお尻に興味がない。

そう言うと「勿体ない」とか「まだ子供だ」とか、否定されることもしばしばある。世の男性諸君はお尻を見て興奮する層が圧倒的に多いことに愕然とするのだが、くびれた腰に形のいいお尻はいつの時代も支持され、おっぱい星人なんて言葉は死語になりつつある。

僕はおっぱいに興味がある。

大きければいいと言う話でもなく、大きさはもちろん、色、形、角度、感度に至るまで、総合点が高いおっぱい

もっとみる

イラストに込められた想い。

梅園温泉の足湯に飾られたイラストはただ縁起の良いものを書いただけではなく、別府に縁のある意味が込められている。この絵は梅園温泉組合長の平野さんが清島アパートに住む安河内彩香さんに依頼して描いてもらったものだ。

平野さん曰く、別府駅周辺にはめでたい地名があるということで、それを表現した絵を描いて欲しいとお願いしたのだそうだ。

竹瓦温泉の竹、松原温泉(波止場神社)の松、梅園温泉(梅園町)の梅で松竹

もっとみる