最年少温泉道名人。

茉那(まな)ちゃんは温泉道名人会ではちょっとした有名人だ。
僕も初めて見た時、その可愛さとカメラを向けても全く物怖じしない視線に驚いた。

お母さんの高橋明日香さんが名人会で理事をしていることもあって、名人会の事務所によく出入りしている。
茉那ちゃんが何か温泉に縁があれば撮影したいと思っていた時、最年少温泉道名人の話を聞いた。女の子の記録は茉那ちゃんが持っていて、男の子の記録は明日香さんの友人の忍さんの息子である、創(そう)君が持っているということだった。(2018年6月時点での記録)

そもそも温泉道名人最年少記録とは何かと言うと、今回の作品のモチーフにもなっている「別府八湯温泉道」の88か所の温泉を一番若くして巡り、達成した記録だ。
もちろん、生後何ヶ月で88か所を一人で巡ることは不可能で、お母さんと一緒に温泉を巡ったことになる。つまり、茉那ちゃんと創君が名人ということは自ずと明日香さんも忍さんも名人ということになる。家族全員が温泉名人なんてそうそう撮影出来るものじゃないし、なぜ小さな赤ん坊を連れて温泉道に挑戦しようと思ったのか興味があった。

早速、明日香さんに撮影のお願いをした。明日香さんも忍さんもとてもノリが良く、快く撮影をOKしてくれた。温泉は名人会が管理していて、事務所のすぐ近くにある子宝の湯としても有名な寿温泉に決まった。当日の撮影の様子や、二人がなぜ温泉道に挑戦したのかはオフィシャルサイトでチェックして欲しい。

ノリが良すぎて、当日は割と際どい写真も撮影した。おっぱいぎゅうぎゅう事件のくだりで使用するか最後まで迷ったが、今回はセクシーさは必要ないと思ったので掲載は差し控えた。

2018.6.24 東京神父

寿温泉「寿入浴」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

東京神父 写真家。1978年4月20日生まれ。 別府出身、自由が丘在住。

ありがとう!
2

東京神父

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。