Trickle(トリクル)を始めて1週間たった

経過報告と備忘録、あとは興味がある人に「こんな感じやで」とお知らせする感じで軽くまとめます。

トピックの量は人それぞれ。2桁のトピックを立てて頻繁にさまざまなアクティビティを残してる人もいる(恐らくTwitterでもツイート数が多いタイプ)

食事のトピックはよく見かける。出費のトピック(何を買って何円使った)を立てている人もいて、なるほどなと思った。

新しいサービスなのでユーザ側も試行錯誤してて「Trickleの使い方」などのトピックも見かけた。こんなふうに使えばいいんじゃない?とか、こうすればこんなん出てきた!とか、そんな提案や報告が出ている。

また、Twitter的な使い方がしたい人は「いいね」「返信用」「ブクマ」などのトピックを立てて、他の人のアクティビティをリンクしている(TwitterのようなRT・いいね・メンションが存在しないため、すべて引用RTで行う)

「つぶやき」「雑記」「愚痴」のようなトピックを立てて、Twitterと変わらないアクティビティを書いている人もいる(周りの人がうるさい、眠い等)。トピックを分けるのが苦手なのか、さまざまな話題を全部そこに書いている人も。

私はトピックを増やしたり減らしたりして、今のところ7本。よく使うトピックは「本を読む」「漫画を読む」「五七五を詠む」あたり。本を読みながら面白かったポイントをメモったり、遊びで俳句をつくったりしている。

トピックのアイコンは1000✕1000pxのPSDを用意してつくった。

アクティビティを書きこむ際、「This is not an activity」という項目にチェックを入れると、All Activitiesに出なくなるという仕様が実装された。

(※All Activitiesというのは検索画面で全ユーザの全アクティビティが出てくる欄である。私がさっき「こんなトピック立ててる人もいる」と書いた内容は、All Activitiesを見ていて気づいたものだ)

ただし「This is not an activity」にチェックを入れても、いわゆる非公開ツイートになるわけではないらしい。全体検索には出てこないけど個別に飛んだら普通に見れるよとか多分そんな感じ。

どういう動作をするのか検証している人もいるので、興味があれば検索してほしい。このへん、また次のアップデートで変わりそう。

今のところWeb版は存在しないため、Trickleを使うにはスマホにアプリを入れてアカウントをつくる必要がある。

「PC派なのでWeb版をつくってほしい」という意見と、「Googleの検索結果に出てこないほうが気楽だから、このままでいい」という意見の両方がある。私は後者。いちいちGoogleでヒットするようになったら情報過多で邪魔だなーと思うし。

また、日本語表記も実装されておらず、基本的に英語表記である。

個人的には非常に使いやすい。トピックごとに「自分はこんな本を読んだんだな」「この時あんなことがあったから、こんな俳句を詠んだんだな」と記録をふり返ることができる。Trickleのコンセプトは「自分が主体」なので、自分のアクティビティ(活動)のログを常に意識する感じ。

これがTwitterだと、フォローしている人のツイートやRTが頻繁に流れてくるので、どんどん気がそれてしまう。

もちろんTrickleでも、自分がサブスク(フォロー)しているトピックのTLを見たり、All Activitiesを延々とスクロールすれば同じことはできる。でも気が向いた時にタップしない限り見えない。

Trickleに黙々と読んだ本の記録をつけて、また読書に戻れる。シンプル。読書メモをツイートするだけのつもりが、ついうっかりTLのツイート読んじゃって時間泥棒に……ということが起きにくい。

あと誤字脱字とか書き漏れとかを修正できるのが、本当にありがたい。スマホで打ってると誤字脱字が出やすくて……。

おかげでこの1週間、スマホではTrickle、Kindle、Amazon、LINE、ポケモンGOくらいしか使わなかった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートで本を買います。ありがとうございます。

口笛が吹けないのでハミングしときます
1

ToLi

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。