見出し画像

怪獣をつかう者 画像版 135話 B

#画像版は疲れたら急にやめる場合があります 

--------------------

開園時間前に着いたらまた駐車場で待つつもりだったが、渋滞につかまって思ったよりも時間を取られ、結局は丁度良い時間に到着した。

チケット売り場前はそれなりに混雑しており、半数は家族連れやカップル、もう半数は中国人のツアー客だった。
小学校の行事で来たきりだったので、どうしても「子供が行く場所」というイメージだったが、意外とそういうものでもないらしい。ツアー客のほうは全員が大人だった。

夏休みシーズンだからなのか、チケットを購入すると「スタンプラリー」の台紙を渡された。園内の7箇所のチェックポイントを回るとプレゼントがもらえる、というような説明書きがあり、全ての漢字にルビが振られていた。

「それはやらないからね」伊東は釘を刺すように言ってきた。「爬虫類館だけ見て帰るよ」

「いや、分かってるけど、この『すてきなプレゼント』って何だと思う?」

--------------------

#小説 #長編小説 #連載 #連載小説 #SF #ミステリー #ブロマンス


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

それはともかく「ゾンビつかいの弟子」は二次創作、ファンアート、絵、歌、朗読、無断転載、再配布、全て自由です。作者を偽らないでくれればあとは何をしてくれてもかまいません。もし面倒なら、特に報告なども不要です。皆で可愛がってやってください。

11

森とーま@文フリ東京11/24

アラサーのママです。#小説 タグを無差別に読みます。長編小説「ゾンビつかいの弟子」をよろしくお願いします。目次ご覧ください→ https://note.mu/toma_mori/n/n40761080856c 現在は続編「怪獣をつかう者」連載中。

怪獣をつかう者 画像版

怪獣をつかう者 テキスト版の分割・再投稿になります。PC向けメイン、スマホでは見づらいかも…orz  毎日タイムラインを眺めていれば何となく話が追えるような感じを目指しています。「うちの環境だと見えない」とかあれば、ご指摘ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。