見出し画像

【詩】霧の向こう側


ここからでは見えないけれど 
この霧の向こう側には 

何かがあって 
誰かがいて 

その証拠のように 
ときどき物音が聞え 

まるで呼びかけるような 
やさしそうな人の声さえ届く。


その声に返事をすればいいのだけれど 
相手の表情が霧で見えなくて 

つい返事するのをためらってしまい 
ここには誰もいないと信じさせようとして 

かくれんぼしているつもりになって 
いつまでも いつになっても 

この霧のこちら側で 
黙ったまま。


Beyond the Fog


I can not see it from here
On the other side of this fog

There is something
There is someone

Like that evidence
Sometimes I hear sounds

As if to call
Even the voice of a kind person seems to arrive.

I hope to reply to that voice

Because the expression of the partner
Cannot be seen with fog

I hesitated to reply
Trying to make believe that no one is here

I am going to hide and seek
No matter when it is forever

On this side of this fog
Keep silent.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

オリジナル制作を継続するために使わせていただきます。 動画のための朗読音声も募集中。https://poetome.exblog.jp/

よしなに 💛
26

Tome館長

トメ。作者表示・非営利なら無断使用を許可。動画音声、募集中。http://poetome.exblog.jp/ 2016/2/12、開帳。

箱夢の詩集 第三集

詩のようなもの
1つ のマガジンに含まれています

コメント4件

原作は同じでも 音声からそれぞれのお人柄などもうかがえて 良かったです〜 😊
yayaさんへ★ されど 声の向こう側は 霧に煙る
顔の見えない相手に声を返すのは結構勇気がいりますよね…
ドキドキ
ひよわさんへ★ 眼鏡では頭痛レベルの近眼乱視ゆえ、いつもオドオドしてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。