子どもたちの夢は叶いにくくなる

子どもの頃の夢って、叶いにくくなっていくのではないかと思うようになった。

いい意味で。

僕の場合、幼稚園の頃は電車の運転手になりたかった。小学校低学年はプロ野球選手。高学年になったら将棋のプロ棋士。中学生になると、自分はそこまでの才能がないという現実を徐々に認識しはじめ、「本を作る仕事がいいかなあ」と思うようになっていった。

高校生、大学生の頃は、ほぼ明確に編集者になりたいと思っていたが、この段階ではもう夢とは言えないのではないかとも思っている。目標とか希望という言葉のほうがしっくりくる。

どこまでが夢かは置いておく。ここで書きたいことはそこではなく、職業・職種の変化が激しい時代になったということだ。

つまり、幼い頃に考えていた職業が、20年後にはもうなくなっている可能性がある時代なのだ、今は。逆に、幼い頃に存在しなかった職業が、20年後に新しくできる可能性もある。

なお、ここでは「夢=やりたい仕事」と設定しているが、そもそも職種どころか仕事しなくてもいい世の中になる可能性だってある。「夢=自分の好きな生き方」になるのだろうが、そんな価値観だって20年後にはどうなるかわからない。


僕の例で話そう。

この続きをみるには

この続き:893文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
働き方、書き方、編み方についての有料記事をまとめたものです。有料記事(1本100円)を3本以上読むのであれば、こちらのマガジンを購読したほうがお得です。

編集者、ライターとして、20年近く活動して得た経験、知識、考え方、ヒントを紹介するマガジンです。

または、記事単体で購入する

子どもたちの夢は叶いにくくなる

富江弘幸

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。もしコンテンツに価値があると思われたなら、サポートいただけると嬉しいです。サポートは今後のコンテンツに反映できるよう、取材費等に使用させていただきます。

ありがとうございます! うれしいです!
26

富江弘幸

働き方、書き方、編み方

編集者、ライターとして、20年近く活動して得た経験、知識、考え方、ヒントを紹介するマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。