リノベーション、はじめます。

「リノベーションの家に住む!」

今までぼんやり憧れを抱いていたけれど、結婚式を終えたことを機に、リノベーションのプロジェクトが本格的に動くことになった。

知識がまったくない中で進めていくので、これからリノベをしたい人、そして自分の備忘録のためにも、その過程をnoteにまとめておこうと思う。

きっかけは、一冊の本

自分たちの家のことは、結婚してからよく話をしていた。でも、この本を買うまでは、旦那は新築マンションがいいと言い続けていて、私はリノベがいいと主張し続けて。笑 とにかく意見がはじめから完全に割れていた。

私もリノベがいい!とは思っていたけれど、予算感、スケジュール、物件探し、ローンのこと、決めるべきことなど、すべてが未知の領域だったので、現実を知るためにもこの本を買ってみた。

これで予算が合わなかったり、思った以上に大変そうだったらリノベはもう諦めようとも思っていた。

そう思っていたんだけど…



結果として、この本がプレゼン資料代わりにもなり、私たち夫婦はリノベ物件に住むことを決めた。(見切り発車で本を買った自分、今思うと天才すぎる。)

リノベもありかなと思ってもらえた決め手は、金額感と、自由度の高い家づくりができることだったそう。

こうして、私たちのリノベーションプロジェクトが始まった。


価値観のすり合わせ

リノベする!と決めてまずはじめにやったのは、住まいに関して譲れないポイントを洗い出すこと。

私の希望は、フリーランスで家にいる時間も長いので、自分の気持ちが高まる部屋であること、中古物件でも共有部分などの設備がきれいなこと、駅から徒歩15分以内の立地にあること、もしくは主要な駅まで20分ほどで行けること。(あとは、スーパー、コンビニが徒歩3分圏内にあれば最高。)

旦那の希望は、予算に収まる金額感であること、宅配ボックスがあること、ゴミ置き場があること、自然が多い街に住むことなど。

ふたりの希望を加味しつつ、現実的な予算を算出して、情報収集を進めることに。


イメージを可視化する

ローンのことなどは、情報収集が得意な旦那にお任せして。笑 私は並行してPinterestとInstagramを使って部屋のビジュアルイメージを集めている。

キッチン、リビング、寝室、あとはインテリアのアイデアなどでカテゴリ分けして日々気になる写真をピンしていくだけ。

直感でイメージを集めているだけでも、自分はモルタル、グレー、青い壁が好きなんだとか、丸い鏡や絵があるだけで部屋が華やかになりそうだからいいな…とか、“好き”の傾向が見えてくる。

ボードのURLは夫婦共有Slackで共有して、いつでも見られるように。

Instagramでも気になる画像を見つけたら保存して、いつでも見られるように。まだ物件探しも始めてないけどイメージを可視化しておくと、いざ決める時にスムーズに決断できる気がする。

インスタは、ムクリさん、シンプルホームさん、cowcamoさんなどをよく見てる。

あとはcocoroneのルームメイトさんの投稿でインテリアやキッチン用品を覗き見したりも。

引っ越し予定は来年なのでまだまだ時間はあるけれど、いい物件が見つかった時にいつでも動けるよう、今のうちから情報収集を進めていく予定。


リノベの先輩もたくさんいるので、みなさん色々教えてもらえたら嬉しいです!最近はおうちのイメージを集めるのが楽しみ。

▲IDENTITY名古屋のお姉さん。リプライでありがたすぎるアドバイスをしてくれた。

▲同じくお仕事仲間の小山くんのおうち。同い年で家族構成も近いので、色々教えてもらう予定。

▲ルームメイトの有希子さんの憧れのおうち。細部までこだわり抜かれた素敵な空間。Pinterestのボードの使い方なども参考に。

▲スープ作家・有賀薫さんのnote。ミングルにフォーカスしたnoteだけど、リノベの過程がわかりやすく書いてある。


理想の家に住めるよう情報収集しっかりして、一期一会の出合いに備えていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\ ありがとうございます / みんなのスキとサポートがいつも励みになってます!いただいたサポートは、SNSブランディングのコミュニティでの運営費用に使わせていただきます!

スキありがとうございます!
84

とみこ

Webメディア「cocorone」の編集長。東京生まれSNS育ち、フリーランスの“SNSデザイナー”。SNSのコンセプト、施策設計、発信方法をディレクション。SNSマーケティング、写真のコツ、テーブルフォト、東京グルメを発信。写真はiPhoneX、SONY α7IIIで撮影。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。