パフォーマンスからみえたこと

7/7 七夕
ナニワ・ギター・エクスプレスの一員としてギャラリーカフェ・キリンでパフォーマンスを行った。満員御礼。来てくださった皆様、キリンさん、お身内の方々、ありがとうございました。

やっている音楽について、いつも不安定な気がしていた。

「どんな音楽やってるの?」って聞かれても
「む」と考えあぐねてしまう。

音楽だけじゃなくても、自分のコンセプトを見失うことは多分にあることだ。

----

もっとみる

桜談義の妙:長保寺

世界が眩しい。家を出た瞬間にそう思った。

それは日光のせいだったけれど。
最近は言わずもがな春を感じることが多い。

------

4月8日はお釈迦さまの誕生日。花祭り。ゼミ。教授からのお誘いで桜を観に行った。

和歌山県海南市下津にあるお寺、長保寺。

国宝の建築物を囲むピンクのお花。
前の前の住職の趣味で、寺院の四季を彩る花々を植えられたそうな。

花祭りが桜の満開時に重なるのは数年以来だ

もっとみる

ドイツからの帰国:コースのメモ

ドイツ、ハノーファーでの18日間のコースが終了した。Berlin Guitar Ensembleのパフォーマンス&レコーディング・プロジェクト。9月中に文章にして、脳内整理を。

ーーーーーー

コース期間は9/7〜9/23まで。エルナン・ヌニェスをディレクターとし、教会で8回、クラブで1回パフォーマンスを行った。

コースの参加者はドイツ、オランダ、イギリス、アメリカ、カナダ、ロシア、アルゼンチ

もっとみる

ススキからも鼓舞激励:ドイツへ向けて

まさに気候変動の賜物といった天候が続く中,いそいそと9月ドイツ・ハノーファー行きの準備を進めている。

そう,Guitar Circle関連のコースへ参加するためだ。コースへの参加はこれで3回目となる。ニュージャージ,コルドバ,そしてハノーファー。(実際のところ,ロバート・フリップ主宰のGuitar Craft/Guitar Circleは2015年10月のコースでコンプリートされたので,今回のコ

もっとみる

ナンだかな日

風強いなか、いろいろな準備に追われている今日この頃。

明日の発表資料作りに精を出していたが、思い通りにいかない。自分の計画力のなさにほとほとあきれるばかり。大量生産の末に生み出されたキレ味の悪いナイフのような表現しかできないことが何とも情けない。

そんな日々の重さをいだくなか、癒しとなるのは異国の地。
今日も今日とてインドカレー屋へ行く。

------

よく通っていたうどん屋が知らぬ間に看

もっとみる

自分の顔

このところ,春を感じることも多くなってきたけれど,今日は雨がひどく降っていた。そんななか,私は飛脚となり,学会誌への投稿論文を先方へ届けてきた。

半月前,卒論すらまだ完成していなかったにも関わらず,
今日締め切りの論文について,教授から「出さんのか」という言葉が。

たくさんあるデータをまだ分析できておらず,
卒論も書き終わっていなかったため,判断を先送りにしていたが,
悪癖というか,そのときの

もっとみる