家事は”終わらせる”んじゃなくて、”整える”とうまくいく。

「あらゆる家事は、終わらせようと思うのではなくて”整えよう”と思うと、うまくいく」

色んなパパさん、ママさんの家事シェアの悩みを聞いたり、自分自身の生活の中でふとそう思いました。


何が足りていないって言うのさ!?

「ああ、こんなに食器が水切りかごに溜まってる」
洗い物をしようとして、手が止まった。
「ああ、この前夫に渡した乳児医療証がいつものところに入ってない」
子どもを病院に連れて行きたいのに、探してからじゃないと家を出られない。

食器洗いもいつもしてくれるし、仕事の調整をつけて子どもを病院に連れて行ってもくれる。夫はできる範囲で最大限協力的だし、そのこと自体には感謝しかない。

だけど。

何かが足りない。
いや、足りないわけじゃない。やり方が違うのか、気が利かないと言うのか、うまく言えないけど彼が家事をしてくれた後、手直しをしたりモヤモヤとする気持ちになることがある。
わたしが細かすぎるのか。これ以上、細々したことを夫に求めるのも悪い気もするし、面倒くさくもある。

***

家事を一生懸命やってるのに、いつも「中途半端!」と怒られたりイライラされてしまうパパさん(ママさんもいると思うけど)を見ていると「なんだか気が利かない」と思われているようです。

でも、ひとつひとつ細かくて些細なことを全部要求するのはお互いにとってとても大変。

「なんで、解ってくれないんだろう」

と、お互いが思っている。

また、最近話題の”名もなき家事”も「本当は見えない所でこんなにたくさんの家事があるんだ」と言われるのですが、個人的には「名もなき家事」にいちいち名前をつけても、「どやぁ!」って感じてしまう。
ひとつひとつを細かく可視化して、ルールを決めるよりも家事をする人の”視点”を可視化できたら、もう少しうまく意思疎通ができるんじゃないかと思うのです。


家事は”整えていく”ものだ。

家事って、”終わらせていく”ものじゃなくて、”整えていく”もの。
そう考えると、色んな気の利かなさがスッと解明される気がします。

つまり、家事の終わり、というか区切りって「次に作業がしやすい状態」にすること。
食器洗いだって、なぜ洗い上がりが雑だとイラッとするかと言えば”料理して盛り付ける時に洗い直さなくちゃいけないから”だし、食べ終わったらちゃんと洗って欲しいのは”ご飯を作る前に洗い物しないといけなくなるから”

洗濯物も、こまめにするのは”洗い終わっていないと、洋服着るのに困るから”だし、ちゃんと畳んでしまっておきたいのは”山になっていると服を選ぶ時にイライラするから”

片付けだって言わずもがなだし、掃除だって汚れやゴミが溜まったりこびりついたりすると”次に掃除するのが大変だから”です。

買い物は、欲しいものをただ買うのではなくて、使い切ることを前提にして選んで買います。これも、料理と言う作業を整えるために行うのです。
だから”使い切れないもの””使いこなせないもの”が増えるとイライラする

あらゆる家事は、終わらせようと思うのではなくて”整えよう”と思うと、うまくいく。

トイレットペーパーを使い終わったら補充しておくのも。
シャンプーやら洗剤やらを補充するのも。
すべての家事に終わりがないのは、整えて、作業をして、そして整える、という循環をしているから。
名もなき家事という、埋もれて見えにくい作業も多くが”整える”ということの中に収まりそう。

***

普段家事をしている人は、わりと無意識にそれを行っています。
だけど家族に手伝ってもらって、でも「違うんだよなぁ」って思う時って「終わってない」と言うよりも「整っていない」からなんじゃないかな。
それが、かゆいところに手が届いてないと感じたり、中途半端と感じたり、自分でやった方がいいや、と思う原因になっていると思うのです。

「家事は整えるものだ」この視点で日々の家事を眺めてみると、普段やっている人でも無駄を減らせると思います。
つまり「次の作業がしづらくなっていなければいいや」とボーダーライン設定の基準になります。

もちろん、サポート的に家事に取り組んでいる人も「次の作業がしやすいかどうか」を意識することは大切です。


寮生活とか、ルームシェアと同じだよね

家事を整えるとかって言うと、やたらと丁寧な暮らしをしていそうですが。
そういうことではなくて、寮生活やルームシェアと同じことだと思います。
「使ったら戻す」とか「次の人のことを考えて」っていうのは、共同生活の基本中の基本のはず。
これが、家族になると急に気にしなくなるのはやっぱり不自然。
家族だから「今日はもう、なんにも整わないです!!!」って日を笑って許し合えることもあるけど、毎日そうだとすぐに笑えなくなります。

家事を整えるのは、決して丁寧な暮らし云々の話ではなく、共同生活の基本なのかなと思います。


今日も、見に来てくれてありがとうございました。
もう2月も終わりです。2019年になってから、あっという間の2ヶ月間でした。
ぜひ、また見に来て下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

”未知なる未来にワクワクできる”を理念とした新しい小学校創設のための資金に活用させて頂きます。

あなたのスキが何よりも励みに!
29
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。