愛知ドビー:バーミキュラのビジネスモデルを図解〜技術力+顧客体験デザイン=ブランド〜

朝からバーミキュラを開発した愛知ドビーのカンブリア宮殿をみて、テンションがゲキ上がりしたのでビジネスモデルを図解してみました!

中小製造業の下請け脱却から、メーカー直販モデルへの美しすぎる転換事例です。

もちろん、そのプロセスは泥臭く、どこでも簡単に真似できるものではないですが。

バーミキュラを取り巻くビジネスモデルの全体像

バーミキュラは技術力だけではない。顧客体験のデザイン力に注目

ちょうど、町工場が技術×デザインで新境地を切り開くというニュースが昨日に出ていました。

町工場がデザインを取り込み、新しいプロダクトを開発する流れが盛り上がっているのは素晴らしいと感じます。

ただ、技術×ビジュアルデザインだけでは足りないと思うのです。

愛知ドビーも、部品メーカーとして培ってきた技術力があったからこそ、独自の鋳物ホーロー鍋を開発できたという要素はあります。

ただ、自分が注目したのはコールセンター(コンシェルジュ)と、マーケティングの機能です!

図解だと、右側部分ですね。

バーミキュラホームページにある、下記ブランドページのコンテンツは、ぜひ一読することオススメです。

オーナー専用ページを用意

専用レシピブック

注文から、レシピ、修理まで一生サポート

独自のブランドを築くためには、独自の技術力でプロダクト開発するだけでは足りない。顧客体験をデザインする視点が必要不可欠。

この商品開発から顧客体験のデザインまで一連のプロセスを学ぶことができるのが、愛知ドビーの事例です。

技術力+顧客体験デザイン=ブランド

中小製造業、町工場は産業構造やビジネスモデルからリデザインするという発想が大切だと感じています。

優れた技術から良いプロダクトをつくるだけではなく、良いサービス、良いビジネスモデルまでデザインをする視点を持つことで、もっと魅力的なブランドを生み出すことができると信じています。

体験をデザインするという視点としては、たなしんさんの下記記事もオススメです。

技術力+顧客体験デザイン=ブランドという式を意識して、第二、第三のバーミキュラを日本から生み出していきたいですね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金は、マーケティングトレースを進化させるための調査・コミュニティ運営などに使わせて頂きます! マーケティングが好きな人、マーケティングの仕事を誇りに感じる人を増やしていきたいです!

🐼🐼🐼🐼
27

中小企業ブランディング

中小企業がブランディングを考える上でヒントになるnoteを集めていきます! 【発信情報】 ・ブランディングの理論と方法論 ・中小企業のリブランディング事例 ・テクノロジーで変わるブランディング ・採用・育成など組織デザイン視点の事例 ・ローカルビジネスにおけるマーケティング...
3つのマガジンに含まれています

コメント2件

購入したらどんな体験が待っているのか、一度試してみよう!となるような仕掛けが施されていますね。それも製品が良質であってこそなのかもしれませんが。
バーミキュラ良いですね!体験のデザインまで頑張ってほしいです。どこも良いものは持っているので.... 記事の紹介もありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。