見出し画像

【東大駒場寮・元寮生インタビュー】「お上の言うことに唯々諾々とは従えない」毎日新聞記者・酒造唯さん

【0】まえがき

東京大学の主に1、2年生が通う駒場キャンパス(東京都目黒区)。そこにかつて、駒場寮という学生寮が存在した。1935年(昭和10年)の竣工で、設計は東大の象徴として有名な安田講堂と同じ内田祥三。建築から約60年後、廃寮・取り壊しをめぐり、大学側と寮生が激しく争う事態となったが、2001年8月22日、裁判所の強制執行によりその歴史に幕を閉じた。

2001年の初夏、駒場寮に魅せられた私は、この寮に住んでいる学生たちの「写真&インタビュー集」を作り、それを大学の卒業制作にすることに決めた。寮生の部屋を訪ね、話を聞きながら、部屋の写真を撮らせてもらった。強制執行の直前だった。

駒場寮が廃寮となった翌年の1月、私は東大駒場寮の写真と寮生のインタビューをまとめた手製写真集を完成させ、卒業制作展で展示した。その後、この写真集は封印していた。
しかし2011年の秋、映画「マイ・バック・ページ」を見て、衝撃を受けたことがきっかけで、駒場寮の写真のデジタル化を少しずつ進め、写真集を再び作り直すことにした。


詳しくは、「DANRO」連載の第1回参照→取り壊しが決まった寮に住み続ける学生たち〜私と東大駒場寮(第1回) https://www.danro.bar/article/12342305


写真集の再制作と、DANROで連載をするにあたって、過去に写真を撮らせてもらった元寮生のうちの1人で、現在は毎日新聞の記者をしている酒造唯さんを訪ねた。

今回の記事では、「寮での生活は、今の仕事にかなり影響を及ぼしている」という酒造さんの近況を、かつての酒造さんの部屋の写真と、2001年時のインタビューも交えながら紹介したい。

*この記事は2019年7月10日更新の「DANRO」(朝日新聞社)掲載記事
「寮生は次第に孤立していった」毎日新聞記者になった元寮生〜私と東大駒場寮(第2回) https://www.danro.bar/article/12521898 の編集前の元原稿に、元寮生の方から寄せられた情報などを追記し、さらに加筆・訂正したものです。DANRO記事との最大の違いは、「2001年時のインタビュー」を交えた構成となっていることです。

*駒場寮の写真集は、少しずつ再制作しており、写真37点収録の写真集「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真集 [SECOND EDITION]」が現在発売中です。

この続きをみるには

この続き:6,733文字/画像10枚

【東大駒場寮・元寮生インタビュー】「お上の言うことに唯々諾々とは従えない」毎日新聞記者・酒造唯さん

オオスキトモコ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteの売上、サポートで頂いたお金は、ある程度貯まったところで熊本地震義援金として熊本県に振込みます。 http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_18638.html

ありがとうございます!書いてほしい記事のリクエストあればコメント欄に!
3

オオスキトモコ

イラストレーター。 連絡先→ tomoppee@gmail.com https://www.tomokooosuki.com/

東大駒場寮関連

東大駒場寮、その周辺などの関連のnoteです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。