#推薦図書 「クリエイターのための権利の本」は他の本と合わせて読んだほうがいい

■一言で言えば「『web制作会社の人』が怒られないための本」

少し前に話題になっていた本で、「クリエイターのための権利の本」(ボーンデジタル)という本がありました。

私も読んでみたのですが…全体に情報も新鮮で、よい本なのですが、 かなり守りの法務の本というか、「怒られないための本」という印象でした。

一言で言うと「『web制作会社の人』がクライアントに怒られない、知識がないクライアントのせいで訴えられないための知識の本」って感じで、かなり守りの法務だなと思いました。

■イラストの契約書としては違和感が強い

巻末にイラストの契約書見本が入っていますが、著作権使用許諾(著作物利用許諾)ではなく制作業務委託のものでした。
通常は書籍のイラストでは、制作業務委託の契約にすることは、ほぼないと思います。
少なくとも私は2004年から15年仕事していますが、全く経験がありません。

著者の方は、キャリアは長そうですが、web業界がメインの方で、出版業界では普通の大手・中堅出版社で仕事したことがない方なのかな?と思いました。
編集プロダクション経由のお仕事とかだと、こういった圧倒的にイラストレーターに不利な契約書を作らされることがあると、聞いたことはあるのですが、私は経験ないです。

あと出版業界では一般的に、通常、こんなに気軽に著作権譲渡はしないので、著作権譲渡が前提になっているのも大変驚き、疑問に感じました。 webの人って、こんなにクリエイター不利な契約で仕事してるの?!契約書も意外とグタグダ?!と驚きました。

「クリエイターのための権利の本」の「イラスト制作業務委託契約書」にはデフォルトで「クライアントへの著作権の移転」「著作者人格権の不行使」が入っています。
で、なんと、「『ポートフォリオへの掲載』を入れてあるから、イラストレーターに優しい契約書になっています!エヘン」みたいな書き方してるんですよ!!
出版業界がメインクライアントの私としては、非常に違和感を感じざるを得ない内容でした。

契約書サンプルの中には、使用許諾と著作権譲渡の両方のサンプルが入っていました。しかしいずれにしても、果たしてそもそも、イラストレーターの仕事に「業務委託契約」は適切なのか?という疑問は残ります…

少なくとも私は15年イラストの仕事していて、こんな不利な契約書は結ばされたことはないですし、前提条件として、「業務に不要な契約書は結ぶべきではない」「自分の行動が制約されるようなことはなるべく拒否すべき」という考え方を持っています。
大抵の仕事に関しては、著作権使用許諾(著作物利用許諾)の契約書で十分なのではないかという認識です。

■弁護士以外の法律家の方は、この本を読んで怒らないのか?

あと少額訴訟についても、「司法書士」の説明が雑すぎると思いました。
司法書士の方は、この本を読んでカチンとこないのかな?と思っていたら、やはりこういった記事がありました。

他にも、些細なことかもしれませんが司法書士のことを「少額訴訟の代行業者」と表している(p.182)こともとても違和感がありますし、弁護士の監修による影響かもしれませんが、著作権の専門家として弁護士しか紹介していないことも残念です。
弁理士も知財の専門家ですし、私のような一部の行政書士も「著作権相談員」として啓蒙に尽力していることを無視しないでいただきたいです。

「クリエイターのための権利の本」を読んでみた
https://note.mu/beansg/n/nda41de939fcf

「クリエイターのための」とはありますが、イラストレーターの仕事に関しては、この本の内容だけでは圧倒的に「クリエイター不利」の契約になってしまいます。(WEB制作会社にとっては、とても有利)

■他の本も合わせて読んだほうがいい

イラストレーターの仕事や権利について知りたい方は、東京イラストレーターズ・ソサエティ「Q&Aでわかる! イラストレーターのビジネス知識」や、 グラフィック社編集部・竹永 絵里「イラストレーターの仕事がわかる本」も合わせて読まれることを、強くおすすめします。

特に「Q&Aでわかる! イラストレーターのビジネス知識」に関しては、イラストレーターに有利な法解釈で書かれている本で、一度は目を通しておいたほうがいいと思います。もともと「イラストレーション」誌の連載(対談形式)をまとめた本なので、非常に情報の検索性は低く、権利ビジネスの本としては読み辛い本ですが、ひとくちにイラストの仕事といっても、絵本業界と一般書では商習慣が違うなど、ポロポロと興味深い事が書いてあって、面白いです。

ボロクソ書いてしまいましたが、「クリエイターのための権利の本」はクリエイターの方には高評価の本のようなので、こういったカウンター記事も1本くらいあってもいいのでは?と思い書いてみました。

個人的には、残念な印象がかなり強い本ではありますが、著作権法だけでなく下請法への言及もあり、「権利や法律については何も知らない。クリエイターに関係する権利について、一通りザックリ知っておきたい」という方には、おすすめの書籍です。


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteの売上、サポートで頂いたお金は、ある程度貯まったところで熊本地震義援金として熊本県に振込みます。 http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_18638.html

今日も圧倒的成長!!書いてほしい記事のリクエストあればコメント欄に!
16

仕事とその周辺

イラストレーションの仕事と、その周辺についての考察、お役立ち情報などを書いていこうかと…(他の人のnoteの追加もあります)

コメント2件

イラストレーターも悩みがつきませんね
ぼっけんさん 様 ほんとですね😅
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。