【MEMO】日本企業におけるコンテンツ不正利用防止サービスの現状

さっき偶然知ったのですが、2011年から、新日鉄ソリューションズがコンテンツ不正利用防止サービスを提供していたのですね。

集英社、新日鉄ソリューションズが提供する
コンテンツ不正利用防止サービスにより成果
https://www.nssol.nssmc.com/press/2012/20120605_110000.html

コンテンツ不正利用防止サービス(新日鉄ソリューションズ)
https://www.nssol.nssmc.com/ss/service_industry/anti_piracy.html

インターネット上の海賊版撲滅に向けて コンテンツ不正利用防止サービスを導入
https://www.nssol.nssmc.com/casestudy/usercase/1340.html

また、方正株式会社(中国系企業)にもコンテンツ不正利用防止サービスはあるようです
https://www.founder.co.jp/monitoring_service

新日鉄ソリューションズ、方正ともに、あくまで使用監視、モニタリングがメインで、COPYTRACKのように事後ライセンスや法的措置までのサポートをしてくれるわけではないようです。企業向けだから、発見だけサポートして、あとは法務で対処する みたいな感じなのかも。

COPYTRACK使ってる人から「中国での無断転載がひどい」「COPYTRACKでは対処できないと言われる」という声をちょくちょく聞くので、中国系企業である方正には、個人的に今後期待・注目しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteの売上、サポートで頂いたお金は、ある程度貯まったところで熊本地震義援金として熊本県に振込みます。 http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_18638.html

今日も圧倒的成長!!書いてほしい記事のリクエストあればコメント欄に!
6

仕事とその周辺

イラストレーションの仕事と、その周辺についての考察、お役立ち情報などを書いていこうかと…(他の人のnoteの追加もあります)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。