【こよみごと 如月】 立春 りっしゅん

節分の翌日、2月4日頃が「立春」でした。

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、旧暦では、節分の翌日であるこの日が正月とされていました。

暦の上では春の始まりですが、冬の寒さは2月がピーク。

全国的にインフルエンザも流行し、スギ花粉情報も流れてくる頃、マスク姿の人を一番見かける時期でもあります。

旧暦の時代は一年の始まりは立春だったため、立春を基準にさまざまな節目が決められています。

「春」は立春から立夏(5月6日頃)の前日までを言い、冬至(12月22日頃)と春分(3月21日頃)の中間です。

旧暦の時代、立春と正月がほぼ重なっていたため、正月を「新春」というのはその名残です。

春、新しい年、気持ちを新たに、この辺りから今年のエンジンをかけても問題なさそうですね。


次回もどうぞよろしくお願いします。

… … … … … … … … … … … … … …
はじめて訪れてくださった方へ:自己紹介です。
… … … … … … … … … … … … … …
・ᴗ・ Twitter @tomokoishikawa_
… … … … … … … … … … … … … …


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見ていただきありがとうございました。サポートしてくださった方にも感謝。身近な生き物の為にありがたく使わせていただきます。まずは猫缶 ( ´ ▽ ` )ノ

ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/
111

石川ともこ

チョコストーリー

コメント5件

紅梅の花、気品があって美しいです。菜の花畑も、暖かさを感じます。寒さの中にも春は確実にやってきている、んですね。
ピッピさん 海丸ミチさん コメントありがとうございます。よい春でありますように(^-^)/
とってもかわいいし、かわいいだけじゃなくてなんか…優しい絵ですね(^^)とても好きです!
自然に笑顔になれました(^ ^)
ステキな絵をありがとう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。