【掌編小説】夜風

 涙が染み込んで、すっかりふやけてしまった古い顔を、爪の先で少しずつ剥がしながら夜道を歩く。
 道に落ちた古い顔が靴の裏にくっついて、にちゃにちゃと嫌な音を立てている。
 どうして失恋なんかで泣いてしまったんだろう。
 ……。
 古い顔を全部洗い流す。爪に詰まった古い顔をつまようじか何かでほじくり出す。靴の裏を洗う。
 家に帰ったらまずそんなことをやらなければいけない。その全てが面倒くさい。観たいテレビもあるのに。
 ……何で今日だったんだ。
 そんなことをぶつぶつ考えているうち、気づけば古い顔はほとんど剥がれ落ちていた。
 新しい顔を涼しい夜風が撫でていく。
 この時の心地好さだけはちょっと好きだ。
 ……。
 ちょっとだけだけど。

(トモコからきいた話)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。
9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。