【掌編小説】沈める人

 夕暮れの空に、街に、耳に、たくあんをかじるような音が、ぽりぽり響いている。
 その音が聞こえるたびに、丸い夕日がちょっとずつ、地平線の下へ、ちょっとずつ、沈んでいく。

 ぽり、沈む、
 ぽり、沈む。
 ぽり、沈む、
 ぽり、ぽり、沈む。

 祖母が言うには、昔、夕日は音もなく、すーっと沈んでいったものなんだそうだが、最近ではもう、沈める人も、だいぶトシらしい。

 ……ぽりっ。

 ようやく訪れた夜の空に、震える月が昇り始めた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。
19

コメント2件

日没が遅れることもありそうですね。地球も傷だらけ。。。
コメントありがとうございます!結構お年ですしね、地球。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。