【掌編小説】坂の家

 先生が頭をかきむしりながら、丸めた原稿用紙を畳の上に投げ捨てる。
 この作品のために殺された先生の奥様の死体が、部屋の隅でまた少し腐っていく。
 遠くで夕暮れの鐘が鳴っている。
 壁に立てかけられた奥様の中からひょいと顔を出した蛆が、部屋に差し込む夕日に目を細めている。

 長い時間が経つ。
 先生は既にがっくりとうなだれ、力なく煙草をふかしている。
 辺りはすっかり暗くなっている。
 蠅も蛆も働き疲れたようで、すっかり大人しくなっている。

 僕は立ち上がり部屋の電気を点ける。
 先生は僕を睨みつけ、ゆっくり煙草をもみ消し、再び机に向かってペンを動かし始める。
 その背後で奥様の死体が音もなく崩れ落ちるが、先生は気づいていらっしゃらない。
 ふと見ると、奥様の影だけが壁に残され、先生をあざ笑うかのごとく、狂ったように手足をばたつかせている。

 締め切りには間に合いそうにない。

(……コからきいた話)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。
8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。