「……」

 ベランダに出て空を眺めながら、本当に何も考えずぼーっとしていたら、はっと気がつくと足下に「・」がいっぱい落ちていた。「……」の「・」らしい。あとで片づければいいやと思い、つま先でベランダの端に集めてそのまま放置しておいたら、夕方頃カラスがやってきて、「・」をしげしげと興味深そうに眺めたあと、いくつか飲み込んで飛び去っていった。その日は、いつもはうるさいカラスの鳴き交わす声が、ちょっとだけ静かだった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。とても励みになります。
20

トモマリ(六井 象)

短い読み物を書いています。( http://tomokotomariko.hatenablog.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。