人生で一番を更新する花畑とドライブロード【ニュージーランド・テカポ→マウントクック】

テカポからマウントクックまでの片道100キロの道のり。心奪われる景色の度に車を停めていたら、いつまでも前に進めないと思って途中から停まるのを止める。

いろんな花畑を見てきたけれど、満開のルピナス。どこまでも続く。こんなに長く。

花の盛りが好きな私(若者の頃からおばあちゃんのようである)。ヒマワリ、芝桜、藤、コスモス。今までたくさんの花の盛りを見てきたけれど、ルピナスのむせ返るような香りには何者も敵わない。人生で一番、を更新し続けるオセアニアはすごいな。と思った。

でも、まだ私は南米も、アフリカも、南極も北極も足を踏み入れたことがない。

更新しているんじゃなくて、やっと本当に美しい景色に辿りつき始めたんだな、と思うようなる。

世界には、行ったことがない場所ばかり。見たことがない色や、嗅いだことのない匂い。

まるで夢の中のような南島。時速100キロ飛ばしながら、いつも見ていた景色だけが世界じゃないと、当たり前のことを思う。

テカポを離れてから2つ目の湖が見えてきた時、私はもうその水面のエメラルドブルーなんだか、スカイブルーなんだかコバルトブルーなんだかもうよくわからないけれど、とにかく太陽の光を反射して輝くそれらに、驚かなくなっていた。

慣れ、とは恐ろしいもので。

けれどそこはやっぱり、私が今まで走ってきたドライブロードで、一番美しい場所であるようだった。

ぐるり湖に沿って飛ばすハイウェイ。

晴れたり曇ったり暴風雨に遭ったり、天気も気温もコロコロ変わってゆく。

オーストラリアとは、また違った穏やかさをたゆたわせて。

今日は生憎、天気は下り坂の様子。そしてこのまま雨が止む気配もない。本当はテカポへ戻ろうと思っていたけれど、ここまで来たなら晴れた日のマウントクックだって見てみたい…。

※私はニュージーランドへ行ったらテカポと「テ・ワヒポウナム」という世界自然遺産の山へ行ってみたかったのだけれど、どうやらマウントクックがその「テ・ワヒポウナム」の一部であるらしかった。昨夜気が付いた。

※どうせなら、ミルフォードサウンドも行ってみたかったなぁ……。

晴れるまで待とう、と思って宿を探すことにする。ハイシーズンのニュージーランドは宿をとるのが本当に難しい。「1ベッドだけ空いている」という返答に、浮き立つ心、久しぶりのドミトリー。

いつもの行き当たりばったり。まぁとりあえず、美味しいご飯でも食べながら、雨の音をBGMに仕事を進めてみるとしましょうか。

※ちなみにここまでの写真は往路のもので、以下が復路。天気によってまたちょっと、同じ道が違って見えた。色がパキっとしてた。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも遊びにきてくださって、ありがとうございます。サポート、とても励まされます。

毎日文章を、書くね。できれば歌を歌うように。ありがとうございます。
16

伊佐 知美

ともみの部屋 #2

伊佐知美の、世界一周の旅とエッセイ。2016年10月〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。