〈to’morrow music〉 The Best 20 EPs of 2018

今年も年間ベストを選ぶ季節がやってきました。寒いのが極端に苦手な僕にとって、数少ない冬の楽しみの一つ。

それにしても一年が早い。早くないですか?これが歳というやつなのでしょうか?僕がライブハウスに出入りするようになった頃は一番若かったのに、もうずいぶんと前に”10代”という武器を捨て、次は”平成生まれ”という武器を捨てる。恐ろしいですよ。ほんと。

個人的に2018年は色々と上手くいかないことも多く、納得のいかない年でした。でもまあ今年もまだ残り一ヶ月あるし、ウジウジもしてられないので、残り一ヶ月、そして来年も引き続き活動していけたらと思います。

ということで今年も去年に引き続き、年間ベストアルバムの前に年間ベストEPを20枚選びました!
最後にプレイリストでまとめているので、移動中にでもチェッけら!しちゃってください!

20. Odina / Nothing Makes Sense

19. Lionlimb / Tape Recorder

18. BoA / ONE SHOT, TWO SHOT

17. Biig Piig / Big Fan of the Sesh, Vol. 1

16. Das Body / Das Body

15. Hatchie / Sugar & Spice

14.  whenyoung / Given Up

13. The Marías / Superclean, Vol. II

12. Julian / Real Distance

11. Lunar Vacation / Artificial Flavors

10. She Her Her Hers / SPIRAL

9. Sunni Colón / Satin Psicodelic

8. Moaning Lisa / Do You Know Enough?

7. Channel Tres / Channel Tres

6. Boygenius / boygenius

5. Beach Bunny / Prom Queen

4. WENS / That Really Long Night

3. Launder / Pink Cloud

2. Taylor Janzen / Interpersonal

1. MorMor / Heaven's Only Wishful

プレイリストはこちらから
Spotify プレイリスト
Apple Music プレイリスト

いくつかのタイトルは僕がやっている洋楽専門ディストロ、to'morrow recordsでも販売中なのでチェックしてみてください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Kent Mizushima

#音楽 記事まとめ

楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。