見出し画像

エンジニアは"設計"ができてなんぼ

結論

ITエンジニアは設計ができないと上にいけない。給料的にも役職的に。


社会人3年目で気づいたこと

新卒でSES企業に入って、某Sierに常駐して3年目の春から転職しようと思っていました。

理由の一つに設計構築したい思いがあったから。これまでは設計書をもらって仕様通りに構築や開発を行ってきた。そして運用と。

おそらくエンジニアとして入社して、最初の数年はこうやって経験をつむパターンが多いと思う。

2年過ごして、設計をしたい思いもあり、先輩に言ってみたこともあるが鼻で笑われた。まあそこで食い下がった自分も悪いが、この職場では要件定義や設計ができることは難しいと直感的に感じた。

規模は小さくても自分が主導となって、一から要件定義から開発までをできるようになりたい。

そんな思いで今の会社へ転職した。ありがたいことに、その環境は実現できた。

ただ、初めての要件定義、初めての設計と初めてはしんどいことも多い。先輩に赤ペンチェックを受け修正する、格闘する日々だ。

しんどいときもあるが、そんなときはなぜ転職したのかを自分に問う。我ながら非常に恵まれた環境にいるし、しんどいと思っていること自体失礼な話だと自分で自分を叱咤する。

今日も一日頑張ろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

最後まで読んで頂きありがとうございます^ ^
4

tanakA3@ど文系の底辺エンジニア

クラウド企業の底辺エンジニア。元々は新卒でSES企業へ就職。IT業界の縮図を学ぶ。運良く転職して今は上場IT企業へ。最近は情シスの仕事がメイン。 IT業界や就活、日々の疑問・意見等を時々アウトプットしにきます^ ^ Twitter→@tanaka333_

ITエンジニアの過去と今と未来の話

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。