見出し画像

読書について考えてみた #2 ~読書本を紡ぎながら~

読書本とは

読書に関する本のことです。私が勝手に定義しているだけです笑


読書本の2つの系統

最近読書本を読み漁っているところですが、どうやらそれらは大きく分けて論考系と技法系の2系統に分類できることがわかってきました。

1. 論考系
読書とはこうあるべきと定義付けたり、読書のあり方等を論評するもの。

読書に関して、その価値や性質について論じているものです。そして、この論考系はさらに帰納的論考系統と演繹的論考系統に分類できます。

帰納的論考系:                                                    著者の経験に基づいたもの。体験型読書論。
演繹的論考系:                                                        既存の事実や一般論から導かれたもの。理論型読書論。

まあこの辺は論証の基本手法なので、読書本限らず本全般にいえることですかね。

2. 技法系
読書について方法論的な視点で、有益な読書テクニックを紹介する系統。

読者を有益なものにするために、テクニック等を紹介している系統の本です。こうした本は、論考系と比べると多くの作家の方が出版していらと思います。逆に論考系で最近出版された本はあまりない印象ですね。


読んだ本(2冊目)

今回読んだ本はこちら。

『読書の腕前』岡崎武志(著)【光文社】

上記で勝手に読書に関する本の系統について分類しましたが、そこに当てはめるとすれば、帰納的論考系になります。

つまり、著者の体験や経験を元に、読書の良さ・メリットを紹介している1冊です。


要約

まず著者が考える読書の定義とは、読書=娯楽であるということ。 その根拠として、そもそも読書について理屈づけする事自体ナンセンスであると著者は述べています。


著者が考える読書のメリットは大きく2つ。

1. コミュ力がつく

これはあくまで私の表現です。著書の言葉を借りれば「人間に対する理解力が深まる」と。

著者曰く、

『本(小説、エッセイ等ジャンル問わず)は、著者や登場人物の思考、行動、性格といった人間の生きるためのエッセンスが凝縮されています。それも膨大な数の人間の。』

『そして読み側はそれを知ろうと夢中になる。本の中で多くの 人間と出会う。』

『それにより人間への考察力、つまり「他人を知る」スキルを磨ける。』

というプロセスだそうです。


2. 自分が無知であることを認識する

当たり前ですが世の中は知らないことだらけで、それを少しでも知るために読書すると思います。

でも、本を読むというのは、知らないことを知るだけでなく、自分が「無知」であることを自分に落とし込む作業でもあるわけですよと。

それは当たり前のようであまり認識しないものですかね。「本を読む=知識を入れること」だと、どこかで自分の知識に満足して自分の成長への足枷にもなりかねない。著者はそれに対する警鐘を鳴らしているのかもしれません。

足枷にもなりかねない。著者はそれに対する警鐘を鳴らしているのかもしれません。


この本から学んだこと

「ツン読しかありえない」「読書に学歴はいるのか」等、おそらく他の読書本には決して書かれないであろう、独自の視点で読書について書かれています。

「必要によっては本を破って必要な部分だけ保存する」という破天荒なエピソードもあり、参考になるかどうか別として単純に面白い。

一般的な読書という枠にとらわれない著者の「読書」を感じることができた一冊でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

最後まで読んで頂きありがとうございます^ ^
2

tanakA3@ど文系の底辺エンジニア

クラウド企業の底辺エンジニア。元々は新卒でSES企業へ就職。IT業界の縮図を学ぶ。転職して今は上場IT企業。最近は情シス的な仕事も。 IT業界や就活、日々の疑問・意見等を時々アウトプットしにきます^ ^ Twitter→@tanaka333_

読書について考えてみた

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。