子供を持つ人が働きやすい勤務条件

前回、私が新しく会社を設立した1つの理由に「私がシングルファーザーであり力を発揮しきれていないと感じていること」を上げました。

ちょっと語弊があるかもしれないので、補足すると、「小さな子供がいる親でも力を発揮しきれる会社を創りたい」というのが本心です。ひとり親だろうと、ふたり親だろうと関係なく。

世の中には様々な法人があって、それぞれに人事規定があると思いますが、「小さな子供がいる親でも力を発揮しきれる会社を創りたい」という目的をスクラムで自社開発または受託でシステムを開発する会社で達成するためにどんな条件が必要なのかとりあえず書き出してみて実現可能性についてちょっと考えてみたいと思います。

勤務時間口座制度

ドイツにある制度らしいんですが、例えば今日所定勤務時間より1時間長く勤務したらどこ別の日に1時間早く帰る、もしくは1時間遅く来るというのが可能な制度だそうです。子供の急な熱や、出発直前の突然の駄々こね(笑)、寝坊、学校からの突然の呼び出し・・・()などなど、唐突に訪れる緊急事態にストレスなく対応できるようになるかなと思っていて、是非採用したい制度です。早く帰りやがってみたいな嫌味にも、「いやいやこの日にちゃんと長くやったし」みたいに反論できます。そもそもそんな嫌味を言う人は採用したくありませんけど笑

これは余裕で実現可能ですね。いや、実現するべきですね。

こういう人は本当に滅びればいい

子供連れてきていいよ制度

子供を職場に連れてこれればどんなに楽かと何度思ったかわかりません。なんなら最近は子供の長期休暇の間は会社近所のカフェで勉強してもらってたりしています。保育園の間は37℃の熱が出たら預かってくれません。小学校の低学年の間は午前中で学校が終わってしまいます。長期休暇は本当に周りの人に助けてもらいまくりです。だったら、連れてきていいことにしちゃえ!!ということで、勤務してる人の子供の月齢や年齢に応じてベビーベッド置いたり、勉強できる用の机を準備したり、本を置いたり、落書きできる壁を置いたり、色々しちゃえばいいんじゃないかな?ビリヤード台とか卓球台とかある会社を考えたら全然ありじゃないか??赤ちゃん泣いたら全員でなだめよう!あれ?これすごい連帯感生まれるんじゃないか?(笑)

これまた絶対実現したい制度だ。でも今のオフィスじゃ無理なので、オフィス移転が前提ですね。そもそも今小さい子供がいる職員がいないし(笑)来てからじゃ遅いんで、先に準備をしておく必要はありますね。

フルリモート

実は最初に思い付きましたが案外難しい気が最後に書きました。一部リモートはできると思います。ただ、一番のネックは「デイリースタンドアップミーティング」にどれだけちゃんと参加できるのかです。ここスクラムでは結構キモだったりもするので正直不安です。ただリモートの環境はつくります。

というわけでまずは3つ挙げてみましたが、いかがでしょうか?他にこんな制度面白いんじゃないか、うちの会社にはこんな制度があるなど教えていただけると嬉しいです^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

株式会社マイボフェローズ代表/ソフトウェアエンジニア兼インフラエンジニア/Perlが大好き/ラグビーが大好き(元プレーヤー)

ありがとうございます!
8

ヤツナミ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。