とむのサバイバル日記

スーパーカブ50ccに、 テントと寝袋と調理器具を載せて、 山梨の山奥で生活しています。 ブログ→http://tomoyauchida.com/ YouTube→https://www.youtube.com/channel/UCABqE6jsw70QVDbfG39o72A

嫌なことがあったとき vol.11

これをお読みのみなさまは、嫌なことがあったときどうするだろう。

私はね、思いっきり叫ぶ。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

って。原付に乗りながら、風に向かって咆哮する。

もちろん、この声を聞いた道路沿いの家に住む人を、驚かしてもいけないから、人里離れた場所や、ひらけた場所を選ぶのだけれど、、、

これ周りから見たら、相当滑稽なんじゃないかな。

なんで、私はこんなこ

もっとみる

私はまだまだ甘ちゃんだ vol.10

昨晩、こんなことを思った。

「家がなくても、人は生きていける。」

「けれど、家はあってほしい。」

昨晩、夜空の下で一緒に東南アジアを旅したRomと電話した。

私は山梨、彼は北海道にいる。電話越しに雨の音を聞きながら、彼とこんな言葉を交えた。

「家もういらないよな」

「いや、家いるだろ。家があるから安心できるじゃん」

「あ、そうか。」

家がいらないなんて言った自分は傲慢だったと、即効

もっとみる

茹でガエル vol.9

私の今の生活の楽しみの1つに、本を読むことがある。テントの中、ランタンを灯し、眠くなるまで文字を追う。この時間が、1日の最後に待つ至福の時だ。

しかし今日は、本を開く代わりに、パソコンを開いている。こうしてnoteに、高ぶる感情を書き留めるためだ。「感情の保存」こそが日記の醍醐味だ。

といっても、私はどんな感情を書き留めたいのか、明確な言葉が出てこない。ただ、これが肯定的な感情であることは確か

もっとみる

テントにとって脅威は雨よりも風 vol.8

台風が去った。

なんとか生きている。

いつも寝る前には、必ずと言っていいほど天気を確認する。

私のテントは3000円の安物なので、強い雨に降られれば、浸水してしまうからだ。一度それで真夜中にパニックになり、テントを撤収したことがある。

その時以来、夜空に星が輝いていたとしても、念には念を入れて、天気をチェックするのだ。

雨が降ると分かれば、どこか屋根のある場所を探さなければならない。

もっとみる

5日間風呂に入らないとどうなる... vol.7

日本の「常識」によると、人は毎日風呂に入ることになっている。湯船に浸からないにしても、シャワーを浴びて汗くらいは流す。

しかし、私はそんな常識の国の中で、5日間風呂無し、シャワー無しを経験した。

ヨーロッパでは、毎日シャワーを浴びないことのほうが主流らしいから、これで生きていけないことはないのだろう。

現に私は今生きている。

私が、シャワー断食(と呼ぶことにしよう...)をしたのは、6月か

もっとみる

オレンジの皮 vol.6

外で暮らしていると、栄養は偏りがちになる。

スーパーで売られている野菜というのは、大体が複数人用、もしくは数食用なので

・一人しかいない

・保存がきかない

状況下にいる私は、野菜をチョイスすることができない。

この条件に加え、調理できる環境も限定されている。

主に、道の駅や公園だが、大半の施設では火気の使用は禁止されている。

結果的に、野菜がとれず、食事が偏りがちになる傾向がある。

もっとみる